Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.03.23  親子の関係 <<20:43


子供たちが帰ってきたものの、
私も忙しいし、
子供も忙しい。
私がヒマなときには、家にいて欲しいのだけれど、
スケジュールがなかなか合わない。

「あなたがたは、もうママのことなんか必要じゃないのね」
とすねたら、
「そんなことないよ。学費払ってもらわないといけないし」
と息子に言われ、憮然とする。
「ねえ、それって、私たちはお金だけの関係ってことなの?」
と詰め寄ると、
息子、目をそらし、
「だって、ママとは趣味も合わないし・・」
という。

・・・おもしろい・・・。わははは。

息子よ、われわれはそういう関係だったのかね?

息子と趣味が合うのは、妹のリカ。
ベトナムから里帰りするやいなや、息子と新しいFF攻略に
熱中している。
カラオケなどにも一緒に行って、とてもよいお友達だ。
私はカラオケもからきしダメだし、
コンピュータゲームはしないし、
テレビは見ないしで、
全然話に入れない。

娘もおばあちゃん家だお友達の家だ、と
ほとんと家出状態。
なんと独立心の強い子供たちであろうか。

おかーさんは、なんだか、寂しくって。
おうちにもうちょっといて欲しいな。
アタシがヒマなときは。
同じ家にいるってことだけで、
なんだかうれしいんだからさー。

リカに
「子供ってこんなもんだっけ?」
と聞いたら、
「そーだよ。中学と高校のときなんて、
親なんかうざいだけだったじゃない」
という。
「それにさ、おねーさんは、反抗期が長くて長くて
すごく手のかかった子供だったじゃない。
おねーさんに比べれば
あの子供たちはずっといい子たちだと思うよ」

あら、そうだったかしら?
そういえば、
さまざまな夢と、さまざまな怒りを抱えて、
悶々としていた10代の私がいたような。
そうね、おかーさん、いろいろと心配をおかけしました。
反省しています。
今でもお世話になり、大変ありがとうございます。
相変わらず頑固で反抗的な娘ですが、
今後ともよろしくお願いします。

子供たちよ、キミたちも思春期を迎えて、
いろいろと大変だと思うが、
反抗期は我が家では禁止です。
どうしても反抗したかったら、
人の迷惑にならないように、
さらに私に聞こえないところで
思う存分反抗してください。
よろしくお願いします。

万が一、子供たちが反抗期になって、
手がつけられなくなったら、
アラスカで猟師をやっている友達の家に
送って、
鹿狩りの手伝いをさせようと決めている。
山にこもって、鹿や熊を狩るのはとても大変な仕事なので、
反抗心も吹き飛ぶと思う。

かつて、私も一度だけ鹿狩りに連れていってもらって、
熊に襲われそうになったことがある。
恐かったなあ。
そういえば、オーストラリアでは、
カンガルーも狩ったっけ。
井原美紀、ハンティングストーリー、
どっかで書かないと。
スポンサーサイト


No.7 / 日記 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

← ドキドキ / Home / NANA →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント


このコメントは管理者の承認待ちです
2012.07.08(23:19) / / / [ Edit ]


承認待ちコメント


このコメントは管理者の承認待ちです
2012.07.02(00:30) / / / [ Edit ]


こんにちは


芸能人の秘密教えます。
http://www.dvd-synergy.com/12923
2006.03.31(04:58) / URL / ゆうな / [ Edit ]


もちろん!


紗理菜さん!
もちろん、覚えていますとも。ゲストブックにいただいたコメントはちゃんと保存してあるの。それでね、どうしているかなあ、なんてしょっちゅう思っています。

転勤おめでとうございます。変化は進化。新しい地で新しいチャンスをいっぱい楽しんでください。
応援しています。もう福岡は桜が満開なのかなあ?
2006.03.25(09:17) / URL / イハラ / [ Edit ]


大変ご無沙汰しております


こんばんは。
本当にお久しぶりになりますが、イハラさんはまだ私のことを覚えていてくれますでしょうか?
なんだかイハラ家のお子様の成長振りは甥っ子や姪っ子を見ているような気がします。が、それも中高生には「うざい」んでしょーねー。確かに自分のことを思い出せば・・・ですが。私もウチの5歳の子供が「大学4年までママと寝る」と言ってくれるのが、真剣に嬉しかったりします。

さて、私は12月末に彼氏が転勤してしまい、彼は決心をつけられなかった(結婚とか)らしく泣きながらごめんと去っていきました。私もそれ以来連絡していません。そして自分も4月に転勤になり、あわただしい日々です。福岡に行くこととなりました。福岡のおいしい情報等をぜひ教えてください。またこれからもちょくちょく遊びに来ます。
2006.03.25(03:33) / URL / 紗理菜 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>