Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.08.15  真由美ちゃん、パパに会いに行く <<14:31


先週からパパの家に行き、
今日帰ってくるはずの娘から
「パパたちとキャンプに行くから
 もう一週間こっちにいる」
と連絡があった。

うーん、これは珍しい!

今までは
「パパはナカちゃん(2番目の妻との間に生まれた娘)
 ばっかり可愛がるの」
「パパは焼肉屋さんに行っても、
 自分たちばっかりお肉を食べて
 あたしたちにはもやししか勧めてくれないの」

などと言って、
しょんぼりしながら早めに早めに帰ってくるのが
普通だったのだが。
長く滞在したいと言ってくるとは・・・。
離婚後初めてのこと。

離婚してすぐのころは、
「子供たちに会うんでしょ」
と聞くと
「うちにくるなら子どもたちの食費を
 キミが半分払え」
などとイヤなことをいい、
子供の勉強など見たこともなく
進学の相談をしても返事もくれず
「だってキミの子供でしょ」
とまるで私がひとりで生んだかのように
言っていた男だが、
ここにきて改心したのだろうか?
とっとと改心して欲しいよ。
もう、息子は大きくなって
パパを見切っちゃっているようだから
娘だけだよ。
絆を築きたいなら、
今しかないよ。

で。
ダーリンにその話をしたら
「キミ、大丈夫?」
と心配された。
「え、なんで?」と聞いたら
「だって、離婚した夫婦って
 子供が相手に会うのを
 嫌がるもんでしょう」
という。
そうか、アメリカでもそうなんだね。
たしかに日本の
離婚友達の多くは、
元夫に子供を会わせない人が多い。
私にはその気持ちは全然わからない。
暴力ふるうとか
アル中だって言うならまた別だけどね。
子供たちと父親の関係は
夫婦が離婚にかかわらず
良好であって欲しいし、
できれば子供たちが尊敬できる
父親でいて欲しい。それで
とっても
仲良くしてくれるほうがいい。
その方が、アタシも
キラクに世界を放浪できるしさ。

ついでに、元夫に電話を代わってもらって、
「もう一週間いるなら
 数学の宿題、
 こっちに帰る前に答え合わせしてあげて」
といったら、
とっても不機嫌そうに
「ああ」
と言われた。
赤の他人なんだから
もっと礼儀正しくして欲しいよ。
アタシだって、
本当は
おめーとなんか話したくないんだぜー。
そんでも話さないといけないほど、真由美は、
数学ができないのよー!

まあ、とにかく。
娘よ、
キャンプ、楽しいといいね。
いっぱい思い出作って
帰っておいで。

ちなみに、息子は
ベトナムから帰国中の妹一家と一緒に
おばあちゃんの家に滞在中。
絶対にコンピュータゲームを
やりまくっているに違いない。
うちにいると
「勉強しろ」って言われるせいか
みんな避難してしまったようだ。
でもね、私はおかーさんだから
帰ってきたら、しつこく
「勉強しなさい」
って言うよ。
本当は言いたくないんだぜー。

はあ~(ため息)。

ちなみに、
ひょんなことから
元夫の収入判明。
かなりの高額所得者になっていた。
で、だからなんだっていうと
なんでもないんだけどさ。
あえて言うなら
「子供に小遣いくらいやれ」
ってところでしょうか。



スポンサーサイト


No.69 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 大変だねえ / Home / 北海道の旅 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
>