Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.03.20  NYフィル 日本への贈り物 武満徹の「弦楽のためのレクイエム」 <<20:37


ギリークラブの渡辺幸裕からのメールを以下にペイストします。

ニューヨークフィルから日本の皆様へのメッセジを転送させていただきます。
英語の部分は少し分かりにくいかも知れませんが、
コンダクターのギルバートさんのお母さんは日本人ですから半分は日本語です.

http://nyphil.org/concertsTicks/japan.cfm?utm_medium=homepage&utm_source=button2_japan_0317


これは初代の英語版イヤホンガイドの解説者のリンダさんが、
松下かほるさん(現、イヤホンガイド解説者)に送ったもの、
それを転送して頂いたものです。

これを見て、聴いて、渡辺は涙しました。

画面から見えるオーケストラ団員の方の
普段のコンサートでは見られない、
本当に心配し、心を痛めている表情、

そして心を込めて演奏する、
武満徹の「弦楽のためのレクイエム」
思わずPCにかがみこんで聞き入りました。

そして・・・気が付きました。
「symphony」と「sympathy」
シンフォニーとシンパシーという文字が似ている事を。

いろいろな要素が混ざり合い、ある効果を生むのがsymphony、
それが共感、同情(sympathy)へと自然につながる・・・
音楽を聴くと心が落ち着く、自然なのですね。

どの音楽が落ち着くのかは人によって異なりますが、
邦楽でも、洋楽でも、こういう時に流したいものです。

レクイエムは鎮魂歌です。

どうぞ静かにお聞き下さい。
そしてこんな時こそ、音楽かも知れません。
楽器演奏出来る方、歌える方、浄瑠璃節を語れる方・・・
ご自分の得意な事で、多くの方に心の平穏をお届け下さい。
スポンサーサイト


No.537 / チャリティ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 03/21のツイートまとめ / Home / チャリティ団体を理解するサイト(英文)のご紹介 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
>