Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.05.30  初めての・・・ <<20:20


現在、子供たちはハーフタームという
お休みの真っ最中。
本当はイギリスに会いにいって、
3人で安いB&Bにでも泊まって
ロンドン探検をする予定だったけれど
母の入院のため断念。
そのため、子供たちは、
初の英国人家庭ホームステイ体験中。

どきどきどきどき
おかーさん、心配でよく眠れないよ。

ちゃんとしたお家に行けたかな、とか
ちゃんとご飯を食べさせてもらっているかな、とか
言葉は通じているかな、とか。

あんまり心配だったし、
お礼も言わないといけないし、
と思って
ホームステイ先に電話をかけた。
息子のほうは友達とロンドンへ出かけた、
ということで
声を聞けず。
ホームステイ先は、
共働きのお家で
日中はだれもいないらしい。
大丈夫なのかしら?

はらはらはらはら

娘の方は、
元気に電話口に出てきて
「これからね、アイススケートに
連れていってもらうんだよ」
と元気いっぱい。
滞在先のミセス・ジョーンズも
「大丈夫ですよ。
子供たちは責任をもって
お預かりしますから」
と言ってくださった。
でも、やっぱり
どきどきどきどき。

13歳のときから、
海外に行きたい、
と親にごね続け、
とうとう
「海外へ行くなら勘当する、というなら
 勘当していただいて結構です。
 ほんでは行ってきまーす」
と家を飛び出て、
6ヶ月もアメリカをほっつき歩いた
18歳のアタシ。
その後すっかり旅にはまって
何度も何ヶ月も
世界中をほっつき歩いたっけ。
連絡のつかない僻地へも
よくひとり旅をしたよなあ。
お金もろくすっぽもたないで。

おかーさん、心配だったろうなあ。

はあ~
うちの子がアタシみたいな子供じゃなくて
本当に良かった。
学校が斡旋してくれた
ホームステイをしているってだけで
アタシは心配で眠れないんだもの。
あの子たちが、いつかアタシのように
バックパッカーになったら
と思うと、
本当にドキドキする。

その場合は、
こっそり
一緒について行っちゃおうかな。
ヘンな変装とかして。

子供たちー!
元気で楽しんでいるかーい?
ママ、念力で
保護バリアーを送るよ。

元気でね。
怪我をしないでね。
怖いところに行かないでね。
無事でママのところに帰ってきてね。

どきどきはらはら
お母さんって
本当に大変な職業だよね。












スポンサーサイト


No.37 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← もっともワンダフルな一家離散 / Home / 妹 倒れる →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
>