Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.07.09  翻訳本の日本語がぎこちない理由 <<22:28


哲学的にとっても難解な英語の本と
日々格闘中。

昔、大好きだった翻訳書を読み返してみると
日本語として、あまりスムーズではないものが多い。
でも、今ならわかるよ、その理由。

やさしい英文であっても
長い時間翻訳をしていると
うっかりと翻訳調が色濃くでてしまい
いかにも
「あんた、日本語のふりをしているけれど
ほんとは英語なんでしょっ!
翻訳なまり丸出しよっ」
みたいな訳文になってしまうの。

構造が違う言語を読んでいると
日本語もそちらの構造にひっぱられてしまう。
一度、よく噛んで、もう2回くらい反芻しないと
しっくりとくる、すべすべした日本語にならない。

カポーティを訳した村上春樹さんはほんとにすごいのだ。
尊敬してます。
押忍!

で。
神様・・・この本は、はたしてうまく仕上がるのでしょうか・・・?

ソニア・ショケットの新しい翻訳書
7月31日配本
8月1日から本屋さんに並ぶ予定です。
後書き、書いています。
タイトルほか、また後でお知らせします。


スポンサーサイト


No.349 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 夜空に輝く月のような女(ひと) / Home / 満月の 七夕の →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
>