Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.10.22  アーユルベーダの旅 <<15:50


呼吸をするのが苦しい
よく眠れない
夜中にしょっちゅう目が覚める
なにもする気になれない

といった症状に悩まされること3年。
病院で検査をしても
どこといって悪いところもなく
欝病の軽いものか、
たんに性格的に怠けたいだけなのか
あるいは
現代医学では究明できない原因不明の難病か?
ドクターハウスはどこだ、
などとと思ったりしていた。

昨日、不思議なご縁があり
アーユルベータの蓮村先生に
脈診をしていただいたところ・・・
「積もり積もったストレスが
体の中に溜まっています。
ちょうど常に50キロの荷物を背負って
歩いているような感じです。
普通の人ならとっくの昔に
倒れていたことでしょう」
と言われ、ほっとした。
怠け病ではなかったのだ。
やっぱり常々感じていた通り
疲れていたのである。

あまり呼吸をするがつらいので
治るものならなんでもしようと
先生のご指示に従って
白湯を飲んだり
ゴマ油湿布をしたりしはじめた。

思いがけなく始まったアーユルベータの旅。
太白ゴマ油を中華料理以外に使う日が来るとは
想像したこともなかった。
蓮村先生は言う。
「心の奥底まで溜まったストレスは、考え方を変えたりしただけでは
 とれません。
 物理的にとるしかないのです。
 アーユルベーダではそれができます」
心に積もり積もったストレスを物理的に取る。
という点に、たちまち興味をひかれた。
真面目に取り組んで、
体調を良くしてみようと思う。

いつも疲れていると感じていることに
罪悪感を感じていたせいか
「疲れているのだから疲れていると感じていいのだ」
と思ったら
ホッとしたのが、われながらおかしかった。
これからは、お医者様のお墨付きである。

えばってだらだらできるのがうれしい。
スポンサーサイト


No.338 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

← 後書きを書き、忘れていたことを思い出す / Home / 母退院、息子とデート →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

おおいにえばりましょう


おおいにえばって、怠けましょう!の会に
入会します!

勝手にすみません。

いつも、「いや、あんたはつかれてないよ、
気のせい気のせい大作戦」でのりきっている私です。
2008.10.31(00:06) / URL / すみれ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>