Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.05.18  くそったれ銀行 <<16:21


ジュリーは
いつも日本地図を抱えて歩いている。
なので、いつも道案内は
ジュリーの役目である。
(私は方向音痴の上
東京を良く知らないのだ)

ケンブリッジで買った日本地図には
「シティアトラス」
と書いてあって、
それがどうもジュリーには
おかしくてたまらないらしい。
「だってね、
シティって、シット=SHIT=
糞みたいなもの
って意味だもん。
だから、シティアトラスだと
めちゃくちゃだめな地図って意味に
なるでしょ」
「え、じゃあ、CITYって
どうやって日本語で表せばいいの?」
「それが・・・
ぴっとくるカタカナがないのよね。
だから、シティバンクなんかも
くそったれ銀行というか
全然ダメな銀行っていう意味に見えるから
アタシ(在日外国人)たちにはおかしくて」

CITY BANKのみなさーん、
日本語が読める外人からすると
シティバンクというのは
めちゃくちゃだめな感じだそうですよー。
預けるにはあまりにも危険な感じが
するそうですよー。

そのあと、ランチを食べながら
正しい「SHIT」(罵倒語として使える)
の発音を習う。
お返しに、
「超キモイ」
「ダサイ」
「ウザイ」
「ケチ」
などという単語を教えてあげる。
日本語にはあまり
破壊的かつ簡潔な罵倒語がなくて
残念である。
とくにジュリーは「ケチ」が気に入ったようで
さっそく、
「スコットランド人は
いつもケチです」
という応用フレーズを作っていた。
(彼女の旦那さんは
スコットランド人なのである。
本当にケチかどうかはわからない)

それにしても、
LとR
AとOとUと同じように
CとSの間にも深くて長い溝があるようで
英語の道は険しいなあ
と思った午後であった。



スポンサーサイト


No.30 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← コメントについて / Home / 本ができた! →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
>