Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.06.20  はるかなる人類の歴史をちゃっちゃっとひもといた休日 <<22:46


娘の学校が休みなので
ちょこっと会いに行った。

バゲット好きな娘のために
ユーロスターでパリへ行き
お約束のルーブル美術館へ。
サモトラケのニケから
ナポレオンの戴冠式から
モナ・リザとか
ミロのビーナスとか
スフィンクスとか
メデューサ号の筏とか
美術のことも
歴史のこともまったく知らない相手に
人類のはるかなる営みを説明するのは大仕事である。
イタリア中世絵画のところに来て
「これはねメディチ家の・・・ってメディチ家のこと知っている?」
「知らない」
なんだってー! 
メディチ家のことを知らない人間がこの世にいるのかー!
なんでおまえはなんにも知らないんだー
と思わず腹が立つが、辛抱強く説明をする。
その上、企画展が「バビロン」よ。
いったい何千年さかのぼって解説しなくちゃいけないのだー!
と大変腹が立つ。
(教育者でもなければ立派なお母さんでもない証拠)

そこで、歴史をひもとく必要がない場所を物色し、
ナポリへ行き
娘の名付け親アンジェラと落ち合い
ポジターノへ行く。
すると、
「一緒に泳ごうよー」
と荒波の海へと引きずられ
ざぶ~んざぶ~んと押し寄せる波に翻弄され
ビキニははずれトップレスとなり
髪はめちゃくちゃ
肌は真っ黒に。
思いがけないワイルドな休日となる。

よれよれになって
ロンドンに戻ったあとは
チャイナタウンで飲茶を食べてから
マダム・タッソー蝋人形館へ。
これがまた大失敗であった。
娘はケイト・モスも
アルベルト・アインシュタインも
マハトマ・ガンジーも
ネルソン・マンデラも
知らないんだもの。
「あんた誰よ。なんでなんにも知らないのよ」
「あたしは誰って、ママの娘でしょ。
 ねえ、これ誰?」
と質問攻めに会い
またも人類の歴史を解説。
ちなみに、インド人のツアー客であふれかえっていたその日
一番人気はガンジーだった。
インドの人たち、なれなれしくガンジーと肩くんで
パチパチ写真を撮っていた。
聖人に、そんななれなれしく、と思ったが
楽しそうだし、いいんだろうな、ああいうことで。

さて。
私は、ツアコン、トラベルライター、そして
趣味の旅行人として世界90け国、1000都市を旅してきた。
その結果
ドイツのロマンチック街道であろうが
スペインのサンチャゴ街道であろうが
イタリアのフラミニア街道であろうが
あるいはスイスの山巡りであろうが
中国の世界遺産シリーズであろうが
インカトレッキングであろうが
なんでも解説しながら旅ができるのである。
短気さえ直せば素晴らしいお母さんになれるかもしれない。
長いこと自分のことをだめなお母さんと思っていたけれど
こうして考えると素晴らしいお母さんのような気もする。
そんなことができるお母さんが世界に何千人いようか。

今回の旅行中
娘の頭の中に世界史がない上に
世界地図がめちゃくちゃに入っていることも判明。
「フランスの左上くらいにポーランドがあるでしょ」
「いや、そこらへんにはドーバー海峡しかないと思う。
 そこにポーランドがあったら、あんたイギリスの学校じゃなくて
 ポーランドの学校へ行っていることになるわよ。
 ちょっと、頭、大丈夫?」
と思わす娘の額に手を当てる。
娘、きゃっきゃっと笑って喜ぶ。
喜ぶな。

夏休みになったら
もうちょっと娘と一緒に時間を過ごそう。
そして、ケーキでも一緒に焼きながら
いろいろな話をしよう。
14歳って、こんなになんにも知らないんだっけね。
次の旅行までには
お願いだからもうちょっと勉強しておいて。

いろいろと教養上の問題はあるものの
親から遠く離れた場所で、
ひとり頑張っている娘は
強くたくましく、おおらかに、のびやかに育っていた。
すっごくうれしかった。






スポンサーサイト


No.289 / 日記 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

← 昔のノート 失われた私を取り戻せたら / Home / 日本のパーティ事情 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

うふふ


gizumo さん一緒に喜んでくれてありがとう。まだツアコンの免許(国家資格なのよ)
もっているから、いずれ「イハラミキと世界中をぐるぐる回る極限ツアー」を企画しましょう。

takrtaman さん

ぐるぐる回る極限のツアーができたらご案内しますわ。

うちは、出稼ぎが多いお母さん(私)の家なので、子供が生まれたときから、わりと離れている事が多いの。最近は、よく家族全員違う国にいたりします。
2008.06.22(11:09) / URL / イハラ / [ Edit ]


うらやましい


私も解説つきで旅行に行きたいです!8歳息子は「ママとは海外旅行には行かない。だって、英語しゃべれないでしょ」5歳娘は、「シンガポール行きたい!だって◯×ちゃんいるでしょ(私の友人です。もちろん彼女の通訳でという意味)」

歴史どころか、現地の日常生活で支障をきたすことをよくご存知で。

それにしても、14才のお嬢さんと離れて・・・子離れできそうにない私は、そこもうらやましいです。
2008.06.21(17:59) / URL / takrtaman / [ Edit ]


嬉しい!


なんだか、私も嬉しいです。

私も一緒につれていってほしい!!
40歳になっても、じぇんじぇん世界史をしらない!けど、知りたい!!
2008.06.21(00:51) / URL / gizumo / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>