Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.06.17  ウィークエンドはカニを炒めて <<15:16


ある事情のため、ここ何ヶ月も
運動というものをしていなかった。
「キミ、そろそろ少し運動したまえ」
というダーリンの命令のもと
南麻布から築地まで自転車で買い出しに行く。
なまっていた身体を急に動かしたので
あまりの疲れにふらふらになって魚河岸到着。
「カニが食べたい、カニだ、カニ」
と早足で歩き回る彼の後ろをよろよろとついていく。
「え、カニかい。おにーさん、うちにいいのがあるよっ」
と魚屋さんのおにーさんがじゃーんと水槽から持ち上げてくれたのは
1メートルくらいはある巨大な活カニ。
料理されるのはいやだ~とばかりに
ばたばた足を動かしている。
大きい・・・。
しかも、元気だ。
カニというよりも怪獣みたいだ。
この生物を最初に食べようと思った人は偉いな。
「これでたったの4万円っ」
「よし、買った!」
と口走る彼の通訳はせずに
「高すぎ! おうちご飯なんだから。
 それにね2人だけだから、そこまで大きくなくてもいいの」
「え、一週間かけて食べればいいじゃん。
 食べごたえあるよー」
え、それはそーだろうが。
これを背中に担いで帰るのはいやだ。
背中よりも大きいもん。

結局その半分くらいの大きさのカニを買い
さらに元気にざわざわ動いている沢ガニも買う。

メニューは、巨大な中華鍋で作る
シンガポール風チリクラブ。
そして沢ガニの素揚げ。

いやだ、いやだ、と逃げ回る沢ガニを
ひょいとつまみ上げては
油で揚げつつ
「これは、僕のカルマに悪い影響が出るような気がする」
と彼はまじめに不安がっている。
なんだかおかしい。

感謝しつつ残さず食べて
週末が終わった。
カニは幸せを運ぶ生き物なのね。

久保くんへ

カニを送ってくれないから
築地で仕入れてみました。
大変お高い夕飯となりました。
でも、おいしかったよ。
スポンサーサイト


No.283 / 日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← 日本のパーティ事情 / Home / 高野秀行さんのふんどし →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

北海道の人は


まりつさん、あなたもか。
って北海道の人はカニ自慢をするだけで
実際に分かち合おうとしないところが
いけないと思いますっ!
ここのカニは間違いがないという
お取り寄せ情報お待ちしています。
2008.06.18(18:13) / URL / イハラ / [ Edit ]



私が故郷の北海道に帰った暁にはカニをおくる・・・って帰る予定がしばらくありません。すいません・・・
2008.06.18(17:37) / URL / まりつ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>