Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.02.12  夢のまた夢 <<22:03


事務所の近くに
『夢のまた夢』
という暖簾の下がった店がある。
店の前に置いてあるチラシをみるかぎり
「芋を原料に使った甘いもの屋さん」のようだが、入ったことはない。
しかし・・・・。

私にとって「夢のまた夢」というのは
FORMULA 3 (フォルムラ・トレ)というイタリアンロックバンドの
サードアルバムのことである。
(スターレス高嶋よ、知っているか、このアルバムを)

この店の前を通るたびに
私の頭の中で
フォルムラ・トレの「夢のまた夢」が再生される。
なかなか重い曲なので、あんまり聞きたくない時もあるんだけど
その店の前を通ると、
自動的に流れてしまうのである。
いやだー!もう聞きたくないぞー!
と思っても、
店の前を通るとだめなのである。
暖簾をみないようにしても
心の目がつい見てしまうのだ。
その結果、一週間に一度はこのアルバムの半分もの曲が頭の中で
流れるのである。
こんなに頻繁にフォルムラ・トレを聞く日が来ようとは・・・。
(実際には脳内で再生しているだけなので
 本当の曲とは違っている可能性もある。 
Absolute elsewhere あたりの曲と混ざっている可能性も大いにある)

そんなわけで
『夢のまた夢』エンドレス・レプレイ問題と
『薔薇のない花屋』の竹内結子が
看護婦さんのくせして
盲目の演技をなぜそんなに延々と上手にできるのか、ということが
気になって仕方がない。
あとね、DR.HOUSE の吹き替えがイヤ。
吹き替えだとそれぞれの個性が違って聞こえるんだもん。
吹き替え反対!
あたしのHOUSEを返せーーーーー!

・・・来週は、こんなに小さいことで悩むのをやめないと・・・。
あたしという人間は人生をどれだけムダに過ごしたら気が済むのか・・・。

来週のテーマは「宇宙」にしよう。




スポンサーサイト


No.258 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← HAPPY VALENTINE !! / Home / 一日に2000年を駆け抜ける男 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
>