Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.11.01  今度は「ヘロン」 <<02:50


プロコム・ハルム「青い影」に引き続き、
今日は山下達郎「ヘロン」である。
いったいどうしたんだ? 
秋のメランコリーか?

私はあまりJPOPを聞いたことがない。
中学校―高校とブリティッシュロック
大学時代はプログレ専門DJ
(スターレス高島とはれるくらい好きだった)
社会人になってからもひたすら洋楽。
なのに・・・。

CDラックを片付けていたら、
山下達郎のCDが出てきたのである。
? と思って、なんとなくかけたところ
「ヘロン」で、胸がきゅんと痛くなったのである。

昔、私はこの曲を聴いては泣いたのだ。
しかし。なぜ泣いていたのかは不明なのだ。
ちっとも思い出せないのである。
運転しながら泣いたという記憶はあるのだが、理由がわからない。

飼っていた鳥が死んで悲しかったのかと思ったが
母の飼っていたインコを
それほど愛していた記憶がない。
どちらかと言えば
フンなどを片付けるのがイヤで
避けていたはずなのだ。

なぜ「ヘロン(サギ)」で泣きが入ったのか?
忘れっぽいと過去に浸れなくてつまんないなあ。




スポンサーサイト


No.231 / 日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← XXXできないほど忙しい・・ / Home / ほこりのにおいのする学校の講堂で →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

見たいなあ


ヘロンって一般的に青サギのことを言うらしいよ。
見たいなあ。できたら食べたいなあ。
かにはどうした?

ところで、この曲ってそういうことなの?
全然気がつかなかった。
励まされているような感じはしたけれど。

久保くん、あたし、カニを食べながらじゃないと頭が回らないみたい(遠回しの催促)。
2007.11.02(00:25) / URL / 久保くんへ・・・ / [ Edit ]


屁論


2000年5月、バンクーバー・アイランドをドライブしていたら、綺麗な鳥がいて、運転してくれていた現地カナダ人の知人に「なんちゅー鳥?」と聞いたら、「ヘロンだよ。」と答えが返ってきました。
丁度、そのころ、山下達郎の「ヘロン」が流行していたのかなぁ?と、記憶しています。

「そうか、サギのことをヘロンと言うのか!」と、よーやくその時に知りました。がくっ。
そー言えば、ヤマタツのPVでも、水辺でユニークなダンスをする女性が登場していましたが、アレもサギを演じていたんですね!と、よーやくその時に知りました。がくっ。

それから帰国して我が町、北海道沼田町に戻って、「いやー、バンクーバー・アイランドにはさぁ、サギってゆー綺麗な鳥がいてさぁー。」と、自慢げにジモティーに話すと、「はぁ?サギなら沼田町にもたくさんいるよ。」と、言われ、それから何度も見かけ、あら、沼田町にもヘロン、いるのね、と、よーやくその時に知りました。がくっ。

が、ヤマタツの「ヘロン」は、「サギ」ってゆーよりも、「こうのとり」のイメージの曲のよーな気がする私です。
そう&そう、ほら、赤ちゃんを授けてくれる鳥。
赤ちゃんを授かることも俯瞰したラブ・ソングだからこそ、40歳代の心に響く、のかにゃん&にゃん。

ところで、沼田町のサギは、ミキさんのこのブログの色、綺麗な青い色をしています。つまり、青サギなんです。とても美しいですよ。まぁ、長年すんでいて、その存在に数十年かかった私ですが。がくっ。

青サギ。英語では、ブルー・ヘロンなんでしょーか?
赤ちゃんを授ける天使のよーなヘロンでも、「できちゃった結婚」なら、マリッジ・ブルー?
では、マリッジ・ヘロンって、なんだべ?






答え;結婚サギ

がくっ。
2007.11.01(16:53) / URL / 久保AB-ST元宏 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>