Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.08.17  相変わらず子供のこと <<12:30


今朝は息子とふたり朝ご飯。
娘、全然家にいない。
私がアメリカに行っている間に
実の父の家に行っていて、19日まで帰らないらしい。

で。
鮭の粕漬けを食べながら受験の話。
「ママは心配なのよね。
 イギリスの田舎にある学校へ行っている
 世間知らずのあんたがいきなり日本の大学生になるってのがさー」
息子、それを聞いて腹を抱えて大爆笑。
「ヒーヒヒヒ、ママから世間知らずって言われるとは!わはははは。
 僕も真由美もママよりずっと世間を知っているよ」
「(内心ムッとしつつ)
 世間知らずっていうのはね、政治家の名前を知っているとか
 社会の出来事を知っているかどうかという意味ではなくて
 生身の現代日本人の中でもまれて生きることを知らないでしょってこ となのっ」
「ヒーヒヒヒ、それだっておかしいよ。
 ママはどういう点からみても社会からずれているもん」

そうか? そんなにずれているかしら?
いろいろな大人にちゃんと混ざって働いているのに?
日常生活だって社交だってちゃんとしているのに???

息子、笑い過ぎて話が立ち消えに。

おまえたちさあ、自分たちがどれほど世間知らずかいつか思い知れよ。
ママは、遠くから、でもちゃんと見守っているからさあ。
君たちが泣いているのに気づいたら、
おいしいものでも送ってあげるからね。

笑い終わった息子に言う。
(私は世間知らずの息子が心配なのだ)
「いつか死にたいほど辛いときがくると思うけれど、
 どんなことも一年くらいしたら、
 大丈夫なるってことを忘れないでね。
 ママも離婚して1年くらいは死にたいくらい辛かったけれど
 それが過ぎたら信じられないくらい幸せになったでしょ。
 今や、あの離婚なしに本当の幸福はこなかったと思う。
 辛い時期ってのは、本当に欲しいものを見つけるために
 必要な通過地点なのよ。
 起こる物事自体には良いも悪いもないんだからね。
 人の受け止め方とその後の生き方によって出来事は
 良くも悪くもなる。
 だからね、絶対にそれを忘れないでね。
 だいたいね、人間ってすごく丈夫な生き物なんだよ。
 ほらアイスコーヒーをコンピュータにかけたら
 コンピュータは壊れるけれど、
 あんたにかけても床が汚れるだけでしょ」
と教えたら
「そうだね。僕にも、今までにいくつか死にたいくらい辛いことが
 あったんだよ。でも、少したつと大丈夫だったからなあ」
「え、もう?」
「子供ってのも大変なんだよ。大人になると大変な理由が変わるだけだ と思うよ」

うーん、息子よ、そんなに辛い思いをしたのか。
そういや、親は悲惨な離婚をしたし、小学生から中学生にかけて
いじめにもあったよねえ。
(あの悪ガキどもめ、あたしは忘れないよ)
でもまあ、無事に生き延びたので、
人生勉強だったということにしよう。
これからも辛いことがあるかもしれないけれど
時がたてば万事オッケーになるってことを早く学べて良かった、
ということにしよう。

「ちなみに、ママ、100ボルトの電流を流したら
 コンピュータは充電できて元気になるけれど、
 僕は弱ると思う。
 だからコンピュータもある意味丈夫なんじゃないの」
「いや、人は100ボルトの電流を流されているうちに
 快感になって、そのうち100ボルトの
 電流なしで生きていられなくなると思う。
 人は丈夫なのだ」

試すなよ。


スポンサーサイト


No.205 / 日記 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

← 週末はパリ / Home / 息子よ →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

そっか


思春期の親を持つと、息子もしっかりするわけだね。
2007.08.18(23:30) / URL / 真由美 / [ Edit ]


それは


正しいシングルマザーだな。
2007.08.18(09:53) / URL / イハラ / [ Edit ]



どうしたら、そんなに正しい息子に育つのかしらね。
2007.08.18(01:33) / URL / 真由美 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>