Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.07.23  元夫へ <<21:28


夕食を食べながら親子で話す。
息子は言う。
「パパにはさー、いろいろなことを頼みたくても頼めないよ。
だってさあ、ぱこちゃん(妻)とわかめちゃん(娘=リコン日記。の冒頭で誕生した子供だ)の生活を考えると
僕のせいであの人たちに不自由させたら悪いでしょ。
ぱこちゃんたちの生活を苦しくさせたくないよ。他人なんだし」

元夫よ!よく聞けよ。
あんたの息子は、あんたの生活をこんなに心配している。
忘れるなよ。
おめーも同じくらい心配してやれよ。

「そりゃーパパはさー、一流企業で順調に出世しているよ。
 年収だってママよりずっといいと思う。
 めちゃくちゃ立派なホームシアターもあるし
 熱帯魚の設備もすごく整っている。
 それにあれほどコンピュータ環境が整った家なんか
 みたことない。
 でもさあ、彼は僕の親かもしれないけれど、保護者じゃないもん。
 僕は一緒に暮らしてもいない。生活の世話もされていない。
 パパはぱこちゃんと新しい娘のために暮らしているんだから
 迷惑はかけられないよ」

さて、みなさん。
ここで、私は
「おんどりゃー、なんであたしには遠慮なく迷惑かけられるんじゃー」
と飛び蹴りをいれるべきでしょうか。
息子の発言には
なんだか腹立つところもあるけれど
まーこれでもいいかなーという気もする。
怒るところじゃなくて
感心するところなんだよなあ。きっと。

ま、彼らの父親に関して私の唯一の望みは
元気に暮らして、順当に出世して
いざというときは子供を助けてやれよ、ってことかな。

フリーランスなのに
子供たちが一生「ママは大丈夫」って思っていられたら
すごいよねえ。
70歳くらいになったら
NYのセントラルパークを見下ろすペントハウスに住んで
まっしろな髪をかっこよくセットして
ごっつい指輪をはめて
子供たちがご機嫌をうかがいにくるような
ゴットマザーになるんだ。
で、
「子供が生まれた」
とか電話が来たら、
「それはおめでとう。看護婦と家政婦を送ったから。お大事に」
と言うの。
だからさ、
看護婦と家政婦が住みこめるくらいの
大きな家に住んでいろよ。
子供たちよ。
映画が好きだから映画みたいに生きよ、と思う。

人は望み通りの人生を生きていくのだと思う。
だから望みはけちらずに。

あなたの望みはなに?
けちるなよ。
Girls! Be ambitious and try hard to achieve your goal.
夢は叶うよ。

30年後のあたしに聞いてね。
「人生はあんたの予想通りになったか」って。
あたしはきっとこう言う。
「そうね、だいたいね」って。


スポンサーサイト


No.198 / 日記 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

← 今日は誕生日 / Home / 魔法のお腹 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

いろいろお返事


真由美ちゃん

その頃には、あなたは押しも押されぬベストセラー作家で魔性の歌人なので
ふたりで週末にはパリにでも行って若くてかわいい男の子と遊んだりしましょう。

椿さん

息子に聞いてみるね。

まりつさん

まりつさーん。お帰り!(まだ言っている)
息子のことはいーんだ。これで。
成績さえ上げてくれれば、パパに仕送りしたって許すよ。
2007.07.26(21:35) / URL / イハラ / [ Edit ]


あいかわらず出来た息子さんで・・・。


言葉では表さないけど
側にいる実の母にはわがままは言うけど
それ以上に大切にしていると思いますよ
(態度にはなかなか出せないでしょうね)
川に流された実父と実母、迷わず実母を息子さんは助けるでしょうね。(例えが悪くてすいません)
2007.07.26(19:34) / URL / まりつ / [ Edit ]


息子くんにお聞きしたい(娘さんにも)


せんせーのお気持ち、お察しします。
ある意味とても健全だし、いい子に育ってくれてよかった。がーしかーし、ですよね。う~む・・・
パパが再婚してちゃんと家庭をもっているからそう思うのかなー?
仮に。離婚した理由が、気楽な独身ライフを満喫したいからということだったとしたら同じように思うかな? とふと思いました。
大恋愛の末にママと結婚しました、で、子どももつくりました。でも、やっぱりまだ遊びたかったんだよねーってことでパパだけ保護者放棄していたと知ったとしたら、どんなふうに思うかなと?
ちなみに、その他の条件は同じとして、
つまり、仕事はバリバリ、大きな家に住んでいい車に乗っていい生活をしている一見立派な大人の男。でも再婚したわけではなくて(する気もなくて)離婚のきっかけとなった愛人とはそのまま継続(相手はつまり人妻、ま、あるいはそのへんの適当な女でもかまわないけど、つまりは紹介してくれるような相手ではない)、で余った時間やお金はママや自分らではなくて、パパ自身の趣味や余暇やデート代に使われているという実にお気楽な生活。
それでも、もう自分の保護者じゃないから迷惑かけられないよ、って思うかしら?
そこんところが、ちょっと聞いてみたくなっちゃいました。子どもの心理、ひっじょーに興味深いです。
成長して真実を知ったときに、それこそ実父にどういう思いをいだくだろうと、たまに不安になるのですー。特に、異性である女の子だとどうだろうと?
2007.07.26(15:57) / URL / 椿 / [ Edit ]



お子さん、よい子に育ったねえ……。
だってさー、
恨みを抱いて実父を呪ってたらやじゃん。
そうならなかったのは、
もちろんただならぬ美紀ちゃんの努力あってのことだと推察しますが。
よいママだね!

ゴッドマザーになった暁には、いろいろ頼むからよろしく。
2007.07.26(02:02) / URL / 真由美 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>