Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.06.12  快楽と罪悪感 <<14:48


ダーリンは一週間に3回ジムに行かないと
気分が悪くなる。どれほど疲れていても
ジムで3マイル以上走らないと身体に悪いし、
ぶくぶく太ると恐れている。
食事に対しては非常に興味深い葛藤を抱えている。
とくにマクドナルドには
複雑な思いがあるらしい。
食べたい、けれど、食べたら毒だし、みたいな感じ。

先週、ダーリンは思い切って
自分にマクドナルドをおごることに決めたらしい。
ゴミ箱に、マクドナルドの紙袋があったので
「やっとマクドナルドを食べる決心がついたのね」
と聞くと、
「そうなんだけど」
と浮かない顔つき。
なんでも、ビックマックとチーズバーガーと
フライドポテトとコーラ、という子供の頃の夢の饗宴みたいな
組み合わせで食べたら
すっかり胃がもたれたらしい。
それに「こんなに食べてしまった」という
罪悪感に責めさいなまれている様子である。
そして
「明日はジムへ行って4マイル以上走らないと。
 マックをこんなに食べたんだから」
とうわごとのように言っている。

身体に悪いと思い込んでいるものを食べて
食べながら罪悪感に責められ
食べ終わったあとも罪悪感を抱き
さらにワークアウトへの強迫神経症になるとは
恐るべし健康志向。っつうか
罪悪感と一緒にモノを食べたら身体に悪いって。

もうあと10年はマクドナルドなんて
食べないぞ、と言っている。
11年後には食べたいのかな。
縁を切りたいのに、切れない
愛憎半ばする関係なんだな。きっと。

「ああ、こんないけないものを僕はむさぼっている」
と、甘い禁断の果実を味わうように
高カロリー食をエクスタシーと共に楽しんだらどうか、と
提案しようと思う。









スポンサーサイト


No.181 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← ゲーリー・クイン氏「魂の至福に出会うための10のステップ」できました / Home / とれたて天然 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
>