Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.05.26  ソニア・ショーケットのワークショップ一日目 <<20:48


昨日から、通訳してます。
私の大好きなソニア・ショーケットのイベントとワークショップ
とあって、とてもとても緊張して一日目スタート。

「もっと元気にやってくださいよ」
とスタッフの方に言われて、パワーをアップして今日2日目。
雑誌の取材でも
ラジオの取材でも
彼女からリーティングしてもらった人は
みんな涙がハラハラこぼれてしまうよう。
うれしい涙ですよ!

自分の通訳のデキはともかく(太平洋の向こうくらい遠くに置いておいて)
参加したみなさんが、とてもうれしそうで、
ときどき泣かれる方もいたりして、
ジーンと感動しっぱなし。

ソニアは、本当にすごいサイキックだけれど
一番すごいと思うのは、参加者ひとりひとりを心をこめてハグしていること。
彼女にハグされると、縮こまっていたハートが開くそうです。
ふんわりとしたスカートをはいて、
愛情たっぷりにみんなを抱きしめるソニアはプリンセスみたい。

私まで感動して一緒に泣いたりすると
通訳業務を忘れそうになるので
感情におぼれることがないように、
でも、心をこめてメッセージを届けています。
上手に届くといいけれど。

ここにコメントをくださるひろひろさんとも
初めてお目にかかりました。
ありがとう。遠くから来てくれて。
ハッピーになって帰って欲しい。
明日、私からもパワーを送りますね。

明日で最後。
来たい人は、きっと一日だけでも参加できるよ。
ダイナビジョンのウエッブサイトで見てみてね。
多くの人に体験して欲しいです。



スポンサーサイト


No.175 / 日記 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

← ソニア・ショーケットのワークショップ終了 / Home / ビリーと私 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

ありがと!


イザベルさま

精進します!
いい経験だったよ!
今度コツをじっくり伝授してね。

ひろひろさま

来てくれてありがとう。私からも
幸せのパワーをありったけこめたはグをしたので、きっと近い将来いい出会いがあるよ。
ワークショップに来るということは
立ち直りたいと思っていること。
それがなにより大事なんだよ。

立ち直りたいと思わない人も世の中には
たくさんいて(自分ではそう思っていないことも多いけれど)
そういう人は、なにもしないでずっと過去に生きているの。
ひろひろさんは頑張っているじゃない。
私も同じような時期を過ごしたんだよ。
大丈夫。辛いときは、
泣いたり、食べたり、ふて寝したりして
そのうち身体も心も元気になるから。

人間ってね、すごく丈夫にできているし
忘れっぽいの。高校で習ったトレミーの定理がなんだかもう思い出せないでしょ。

では、一緒に習ったとおり
「今日はどんないいことがあるかな」
って期待して、今日を始めようね。

また、会おう!!

2007.05.28(08:02) / URL / イハラ / [ Edit ]


ありがとうございましたっ


さっき大阪 帰ってきましたー
井原先生のことを 存じ上げるようになって 何年なのかなー。。。  初めてお逢いでできて ほんと感激でした 
  先生にお逢いしたかったので ひとりで参加しましたが、   私も  初めてあの場所で出会ったみなさんも  井原先生って きれい~~! っていうのが 正直な感想です (ほんとお世辞でもなんでもなくて) 

実際はワークショップというものが 初めてで ものすごく戸惑いましたが… 私にとって 意味のある2日間なんだと思います
それでも 帰りの新幹線で ぽろぽろ涙こぼれたり まだまだ痛いやつなんですが、、
まずは これから 自分を好きになれますように…

ほんとにほんとに ありがとうございました
先生との写真お守りにしまぁす (^-^)
 
2007.05.28(00:13) / URL / ひろひろ / [ Edit ]



私も泣きながら通訳すること
よくあるけれど、
その感情にひっぱられずに
通訳は続けられる。
そして涙と共鳴が
スピーカーの伝えることに
プラスされて
喜んでいただけることの
ほうが多いようです。
2007.05.27(08:56) / URL / イザベラ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>