Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.04.26  喧嘩 再生(原稿だけですけど) <<10:28


ダーリン大不機嫌中。
ひとことも口を利かないで
ぶんむくれている。

「ねえ、どうして2日も黙っているの?
 こんなにお天気もいいことだし、機嫌を直したらどうかしらん?」
とかるーい気持ちで言ったら
「キミが3日前にバカなことを言ったから
 僕は気分が悪いんだ。
 キミは僕の人生の重荷にしかすぎない。
 重荷だ、重荷だー。
 キミはただ安楽な生活とお金を求めて
 僕と一緒にいるんだろ」
と捨て台詞を残して出張に行ってしまった。

「あのー出かけるときは機嫌よく出て行ったほうがいいと思うけど」
と控えめに言ったら、
「不仲なまま出て行けば俺が浮気すると思っているんだろ」
・・いや、そうじゃなくて
今日死んでしまうかもしれないから
最後の思い出はハッピーな方がいいでしょう。
一期一会を大切に
と説明しようと思ったが
面倒臭いので
「うーん、そういうことではなく」と
もごもご言っただけで終わった。


さらに
「僕が常識を持ち合わせていたら
 ふたりの子持ちのフリーライターなんかと
 一緒になるわけがないよなっ」
とぶつぶつ言いだした。

ふたりの子持ちのフリーランスのライターというのは
それほど条件が悪いのかしら?
アタシ的には
ぜんぜんどっこも悪いように思えないけどなあ。
このワタクシと一緒にいられるんだから
宝くじにあたったようなもんじゃん。
美人で性格も良くて
ふたりの子供を育てたおかげで忍耐強く
ユーモアのセンスとウィットに富んだ女と暮らせて
ありがたいって思いなさいよ、と言いたいけれど
言わないでおいた。

人は、自分が作り上げた世界に住んでいる。
前にどこかで書いたように
サンタクロースと空飛ぶトナカイがいる世界に住んでいると思えば
サンタクロースもトナカイもいるし
愛と希望に満ちた世界に住んでいると思えば
愛と希望に満ちているし。
素晴らしい女と暮らしていると思えば
素晴らしい女と暮らしているんだろうし
フリーライターでふたりの子持ちのつまらない女と暮らしていると思えば
そうなのだ。
人の世界を他人が変えることはできない。
そして、だれも
あなたの、そして私の世界を変えることはできない。

人の価値は
他人が決めることではなく
自分で決めることだ。
だから、アタシのダーリンがそんな価値観をもっていることに
ちょっと驚いたけれど
それはそれでよしとする。
それは私の問題ではなく
彼の問題だから。

私たちは自分の価値を決めるのに
人の承認を必要とすべきではない。
だから彼の価値もそれでいいのだ。

世の中のシングルマザーたちよ。
世論に負けるなよー。
自分は素晴らしいと自分でうなるぐらいの自分になって
他人の価値判断に左右されないように。
子供がいることは素晴らしい。
子供がいることは絶対にマイナスではない。
子供を育てた経験はあなたを特別の存在にしている。
子持ちはハンデなんていうやつは
ぶっとばそーぜ。

フリーランスに関しては
ちょっと自信がないかも。
えばるほどのことはないからのぉ。えへっ。

まあ、とにかく。
だれからなんといわれても
ゆるぎない
負けない自尊心をもとう。
私は素晴らしい。
あなたも素晴らしい。
それを忘れるな。
私たちは個々に自分が作り上げた世界に住んでいる。
そこでは人の評価はまったく関係がない。
人の評価をあなたの世界に入れるな。

あなたは素晴らしい。
だれになにを言われても
それを忘れずに生きていこう。

浮気のことに関しては
私は以前とは別の考えを持つようになっている。
今のダーリンが浮気したら
それは彼の問題だと思えるようになった。
そういう風に生きていきたいなら
そうすればいいし
違う生き方を求めるならそうすればいい。
それは私の問題ではない。
私は、彼の選択の結果を眺めて
それが気に入るかどうかの判断をすればいいだけのこと。
私の浮気もそうだ。
単に違う男と寝ることで幸福感を得たいと思うか
あるいはダーリンとの愛に100%生きることを選ぶか
の選択である。
それは私の問題であり、彼の問題ではない。
ばれるかばれないかの問題ではなく
どうやって生きていきたいかの問題なのだ。

そしてその結果をどう評価するのも
自分だけ。
私は自分の美学に生きると決めて、もう何十年もたっている。
他人からみて「お笑い」であっても
それでいいのだ。
私には美学があり、それは私にとって
とっても大切なのだから。

スポンサーサイト


No.160 / 日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← 仲直り / Home / 東京タワー →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

お心づかいありがとうございます


ご心配をおかけしております。
うちにもお金があるわけではなく
ダーリンとの生活は安楽というよりも
波乱万丈あるいは
激動なのですけれど。

明日から長い出張だそうですので
機嫌よく出かけてくれるといいなと思っております。
2007.04.26(10:41) / URL / イハラ / [ Edit ]


それをいっちゃあおしめえよ


それをいっちゃあおしめえよ(by 寅さん)
mikiさんがダーリンに何をおっしゃたのかわかりませんが、それにしても「キミはただ安楽な生活とお金を求めて僕と一緒にいるんだろ」 とはまた…

でも、またすぐ仲直りされるのでありましょうね。ウチだったら即離婚だが(笑)もっともウチではそんなにお金もないし、そんなセリフはいいたくてもいえないか…うらやましいのか(?)

「今日死んでしまうかもしれないから最後の思い出はハッピーな方がいいでしょう。」まったくおっしゃるとおり。出掛けだけは笑って送り出しなさい(送り出されなさい)とは母がよく申しておりました。

また、航空券が送られてきて、「すぐ●●島に飛んできて」なんてことではないでしょうかね(笑)

2007.04.26(10:30) / URL / 連翹 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>