Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.04.25  ラブ言語 <<09:51


いきなり伝言から。
みちさーん。
前にコメントくれていたけれど、職場で感じる
「薄いようで厚い文化の壁」について
今度教えてね。
外国人オンリーって何人なのかしら?

で、本題です。

ちょっと前にフロリダに行ったときに、
アメリカ人のエグゼクティブな人たちと3日ばかり過ごしたのだけれど、
朝ご飯のときから、夕食のあとで食後酒を飲んでいるときまで
「投資」と「もっているものの値段」
についておしゃべりをしているのにビックリした!
本当に良い人たちで、お金の亡者ってわけでもないから
文化の違いなのかなって思ったけど、どうなのだろうか?
日本で、そんなにお金の話ばかりしていたら、
粋じゃないねえ、ってことになると思うんだけど。

うちのダーリンもその点はアメリカ人なのか
(都合よく韓国人になったり、アメリカ人になったりする)
愛情を示すときは「モノを買ってくれる」
という物質主義行為に出ます。
でも、それが彼のラブ言語。
では・・・

あなたの彼のラブ言語はなにか知っていますか?
「言葉を使うタイプ」
「労働で示すタイプ」
「お金で伝えるタイプ」
「身体で示すタイプ」
いろいろあるよね。
ふたりの間でラブ言語が一致していないと、
トラブルのもとになるんだけれど。

私のラブ言語は彼の言語と違って
(ここにも言語の壁がある)
「労働と言葉で示すタイプ」かな。
部屋を片付けたり、気持ちのよい環境を整えたり、
おいしい料理を作ったり。
さらに「愛しているわ」と囁いたり。
でも、それだとラブ言葉の違いで
彼に伝わらないかもしれないので、
ときどき彼の「言語」を使って、
愛情を伝えています。
つまり、プレゼントをする、だな。

ラブ言語の違いを意識して、
相手の言語でときどきおしゃべりするのが
恋愛長続きのコツでっせ。
あるいは、自分のラブ言語を
上手に相手に理解させることができれば、それもヨシ。
やってみてね。
スポンサーサイト


No.16 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

← 理不尽 / Home / せいうちとウサギ →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

言語不一致


なるほど。ラブ言語ってのはヒットなことばだわ。これで本にしたら、ヒットするかも。
たしかに、言語が違うと大変だわね。
わたしとダーリンはカラダでしゃべるタイプかな。うふふ。そこがイッチしてるから、仲良しですよー。元夫とは、もともと言葉でもだめだったのだけれど、カラダとかも通じなかったし・・・ラブ言語が違うようになったら
だめだったような。だいぶ忘れたけれど。
2006.04.25(22:14) / URL / かーや / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>