Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.04.23  続けてKさんへ <<16:57


「悲しみと絶望から抜け出すのも
 誰かの力じゃなく自分の力なのですね」

そうなの!
他人からは力づけてはもらえるけれど、
抜け出すのは
自分の意思の力でしかできないの。
「私は悲しみと絶望から抜け出す。絶対に幸せになる」
と自分に約束すること。
そしてその約束を果たすことが、
かけがえのない大切な自分に対する義務なんだよ。

5月24日に主婦と生活社から出版予定の
「本当の自分になれる120の習慣」
という翻訳書(すごく良い本になったよ!)に
「私は」という言葉にはパワーがあるというお話が
載っているの。
「私は・・・・・です」
というのは力のある呪文みたいな言葉なんですって。
毎日、なりたい自分になれるように呪文を唱えてみて。
それでね、
「私は不幸だ」
って絶対に言ってはだめなんですって。
(ほかのみなさんも気をつけてね)

「今は無理だと言う気持ちでいっぱいです
 頑張って頑張ったのにと・・・」

そりゃそうだよ。
渦中にいるんだもの。
私も離婚直前は「絶対に無理だ」って思っていた。
でもね、大丈夫だったよ。
私の場合は、元夫に無理やりとんずらされて、
離婚を余儀なくされたのだけれど、
あれは元夫が私にくれた
最大の贈り物だったなあとしみじみと思うのよ。
あのまま彼の妻だったら、
こんな楽しい人生にはならなかった。
ありがとう、元夫よ、
という気持ちでいっぱいなの。
さらに言えば、できれば7年くらい早く
5人目の愛人とではなく
2人目の愛人と
トンずらしてくれればもっと良かったのになあ、
って気持ち。

トンネルの中にいると、
ずっと暗闇が続くような気がするけれど、
抜け出してみると、
トンネルにいたときのことが夢みたいに思えるから。
本当に。
人間ってのは、
絶望にそれほど長い間は浸っていられないんだと思う。
私たちは自分で考える以上にずっとずっと丈夫な生き物なんだよ。

「どういう人生を生きたいのか」
よく考えて、自分を大切に、そして幸せにしてあげてください。

絶対に絶対に大丈夫。
Kさんが立ち直れるように祈っています。

そして、
このサイトに来てくれるすべての
女性が幸せでいるように、
いつも祈っています。

スポンサーサイト


No.14 / 日記 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

← せいうちとウサギ / Home / 春休み最終日 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

そりゃそうよ


そーでしょー。だってね、
いつもありったけのパワーが伝わるように
本当に心をこめて祈っているんだもん。
効くはずよー。

恋人がいない歴が長い場合、
軽めの恋をして勘を取り戻しておきましょう。
いろいろあるけれど、
私は今のダーリンと出会えて
本当に良かったと思う。
離婚から8年かかったけどね。

本当に離婚ってイヤよねえ。
せずにすむなら、
しないほうがいいけれど、
人は幸せになるのが
下手くそな生き物だよね。
2006.04.25(09:34) / URL / / [ Edit ]


こんばんは。


イハラ先生、みなさんこんばんは。

新しい翻訳書是非読んでみたいです。
楽しみ~
いつも思いますが、イハラ先生のエールって「本当に幸せになれる!」と思えてしまうから不思議ですね。
私も離婚という長くて苦しいトンネルを抜けて、今は平和で楽しい日々を送っていますが、後恋人がいればいうことなしなのですが・・・なかなか巡り逢わないのだ。。。

2006.04.24(22:40) / URL / ナッツ / [ Edit ]


そうだよ、そうだよ。


ひ~まま、そうだよ。
幸せの頂点にたってやるくらいの勢いで
毎日朝日に誓うのだ。
そして、約束を果たすのよ!

出かけるところだから、
短いお返事しか書けないけれど、
力あるコメントに
「そうだー、頑張れー!」
と言いたかったの。

ちなみに今度の新刊は
翻訳書なのでサイン会などももちろん
ありませんが、
心が清らかになることは間違いないので
読んでみてください。
5月24日発売の予定です。

2006.04.24(11:35) / URL / / [ Edit ]


本が出るのですね!


イハラ先生へ

5月に本が出るとの事。
とっても楽しみです!
絶対に買って感想を報告させて下さいね。

先生が新刊を出して福岡の紀伊国屋とかジュンク堂とかでサイン会してくれないかしら~というのが私の願いなので、是非是非これからも先生のご活躍を楽しみにしています。

小説すばるも読みました。
自分の人生に力一杯真摯に、楽しんで取り組んでいる先生の姿は同じ年代の女性として、いつもとっても勇気付けられます。

私の生活は相変らずごちゃごちゃですが、絶対に幸せになってやる~!と毎日カーテンを開ける度に朝日に誓ってます。(ヘンな宗教じゃありません・・・)

離婚に向けて最終段階ですし、収入アップの為に努力の日々ですが、40才過ぎても50才過ぎても色んな幸せの形がある筈、と信じています。

先生の本、楽しみに待っています。
出来ればここの過去の日記も出版して欲しいのですが~
2006.04.24(11:11) / URL / ひ~まま / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>