Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.01.19  味覚の謎 <<22:14


私はおいしものが好きだし、
料理も結構うまい方だと思うのだけれど、
なんでも食べるせいで「味覚神経のない女」と呼ばれている。
単に「なんでも食べる女」と呼ばれた方がいいんだけど。
だいたい
トラベルライターをやっていて
好き嫌いが激しいというのは許されないのだ。
見たこともない食べ物を前に「えーこんなの食べられなーい」
なんて寝言言っているトラベルライターはこの世にいない。

まー、仕事のせいだけではなくて
小さい頃から、好き嫌いがまったくないのも確か。
これまで「まずい」と思った食材がない。
初めて「なまこ」を見たときにあの姿形にちょっとひるんだ記憶があるくらい。
アボリジニの食べる木の中にいる芋虫みたいな「ウィンチェットクラブ」(たぶん、そんな名前だった)
をすすめられたときにも5分くらいひるんだ覚えがある。
でもね、口に入れちゃうとわりと大丈夫なんだな。
味はね。

そんな私の夢は、一度でいいから「まずくて食べられない」ものを
食べてみること。
この場合、調理が下手で食べられないくらいまずいものではない。
おいしいと人が思ってつくったもの
あるいはおいしいとされる食材限定。で、
嗜好として「まずい!」と感じたいの。

妹のリカが「それなら、あれを食べてごらんなさいよ」と
勧めるのがベトナムの「チャーシュー月餅」
リカは口に入れた途端に、そのまま反射的にダーッと
口から出してしまったそうだ。
「いや、もう反射的にダーッとだだもれ。だってすごくまずかったんだもん」
本当にそんなまずいもんがあるのかなあ。
結構人気商品らしんだけど。
で。昨日は、
「おねーさん、これなんかどうかしら?」
と珍味収集家のリカから電話。
「「やまや」の「明太子入り角煮まんじゅう」つうものを
いただいのたのだけれど、見たことも聞いたこともない
コラボまんじゅうだからさー、食べるのが怖いの。
ねーちゃん、食べてみる?」
と言う。
えー、それは食べてみたいなあ~。
まんじゅうは甘いし、明太子は辛いし、角煮はこってりしているし
どんなコラボなのだ??

でも、それをベトナムから送ってもらって食べるのはなんだかイヤなのだ。
ベトナムは暑いから、そこに何日も放置されていたと思うと
キケンな感じがするではないか。
なので、リカに「一口食べてみてリポートしろ」と
言っているのに、全然リポートしてこない。
びびっているな、あの女。
チャーシュー月餅と比べてどうだったか知りたいなあ。

それが今日の私の小さな望み。
リカよ、勇気を出すのだ!
珍味物語を聞かせてくれー。

明太子入り角煮まんじゅうを食べたことのある方がいたら
ぜひ感想を教えて欲しい・・・。

なんて頭を明太子入り角煮まんじゅうでいっぱいにしながら
今日はおかーさん孝行で六本木のつるとんたんで
「うどんすき」を食べた。
見たこともないものを食べるスリルはなかったけれど、
おいしくて楽しかった。
値段も手ごろでお勧めのお店とメニューです。
おうどんが食べ放題なので、年頃の男の子のいるおかーさんには
特におすすめです。




スポンサーサイト


No.134 / 日記 / Comment*7 / TB*0 // PageTop▲

← 出版ニュースでーす! / Home / ソーニャ 来日決定 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する


ありがとうございます、今度中華街でよく見てきます。おっしゃるとおり、今までベトナム人の友達の家で食べたものは、何でもすごく美味しかったので、これには驚いたんです。青汁カエル卵は良く見かけるので今度食べてみます。抹茶ミルクにタピオカって想像してたんですけどね。
2007.02.25(06:23) / URL / さら / [ Edit ]



皆さん初めまして。ベトナムから妹のリカです。

さらさんのおっしゃっている「海草フルーツポンチのようなもの」はおそらくベトナムのチェーというデザートの一種ではないかと思われます。
が、「飲み込めない・・・・」となると、ちょっと変則的なチェーなのかもしれません。でもそのお気持ち、よくわかります!

実は私は豆入りと聞いただけですでにチェーから遠ざかっています。
チェーにはいろいろな種類があって、豆入りではないチェーもあるのですが、スーンサムホットエーというチェーなどは、見た目どう見ても青汁ゼリーとカエルの卵なんですよ!いやもう視覚的にダメです。

それからベトナム料理のビュッフェに行くと、見た目と味が激しく違っていて、
つい口から出してしまうことも多々あります。それでも美味しい食べ物もとても多いので、是非一度、皆さんいらして下さいね!
2007.02.12(18:41) / URL / リカ / [ Edit ]


さらちゃん


それはなんという名前なの??
なんだか寒天、みたいな感じだけど・・・。

妹にも聞いてみるね!
2007.02.12(11:34) / URL / イハラ / [ Edit ]


見つけました!!


すでにご存知かもしれませんが、ベトナムのデザート?らしい、海草のフルーツポンチのような、ようは、海草が甘いシロップに浸かっているもの。
中華スーパーで、知り合いのおすし屋さんが買ってきた物で、ベトナムレストランでみんな食べてるごくありふれたものらしいんですけど、とにかく、まずい。というか、味は海草なんですけど、口に入れたものの、飲み込めない、、。その場に居たみんな(シェフ以外)なんでこんな物作られているのか???でした。
2007.02.12(04:48) / URL / さら / [ Edit ]



日本人が外人に「納豆」とか「くさや」とか
食べさせて反応見たいっていうのと、似てるのかなぁ。実は、日本人の中でも、
「納豆なんて人間の食うもんじゃないよ」
なんて思ってる人もいるはずなのにね。

沢山の好奇の目があなたを一点に見つめる。「この東洋人、食えるんだろうか?」

そこで、あなたは「よっしゃ~、人が食べてるもんが食えないはずはないっしょ!」
とかじりつく。好奇の目が賞賛に変わる。・

そんなドラマがあるのかなぁ。旅行には。
2007.01.22(22:32) / URL / いろは / [ Edit ]


それは違います


いろはさま

食いしん坊だからじゃないのよ。
人の好意に対して「NO]と言えない気の弱い性格だから・・・。この性格のために、旅先でどれだけ大変な目にあってきたか。

ちなみに芋虫は、日本人のワタシ的にはいけているとは言いがたいものがありました。
しかし、ちょっとあぶると香ばしくなってやや親しみやすくなります。

あとベトナムのちょっと孵化しかかった卵もそういえば結構な難関でした。
2007.01.21(12:46) / URL / イハラ / [ Edit ]


資質


アボリジニが好んで食べる芋虫(?)・・
実はちょっとおいしそうだなって思ってました。中身が白くてトロッとしてる感じで。
やっぱいけるんだ。。
でも、きっとわたしには食べられないだろうな。

そこで食べられるかどうかが、トラベルライターの資質なんだろうねぇ。

っていうか、食いしんぼうの資質・・

きっと、人類で最初にナマコ食べた人、
イハラさんの祖先だと思います。
2007.01.21(00:10) / URL / いろは / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>