Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.10.17  忘れること <<14:30


AKARIさんへの返事、こっちに書くね。
忘れる技術について。

とりあえず、自分と向き合えて良かったね。
無謀なのではなくて、仕方がないことなんだから、
自分を責めないで。
できることからゆっくりやっていってね。

忘れることは、わりと簡単だと思う。
「彼が友達に彼女の写真を見せていた」のはもう過去のことだよね。
それをAKARIさんが、自分の頭の中で繰り返し繰り返し
再生しては、悔しく思っているのだから、
頭の中で再生が始まったな、と思ったらスイッチを押して消せばいい。
悲しいことや辛いことに耽溺するのはアルコール中毒と
似ているんだよね。
「ダメ」と思ってもアル中がお酒を飲むように、
「ダメ」と思っても辛いことを思い出しては自分を苦しめてしまう。

頭の中がスイッチをつけると自動的に
いやな番組を再生するテレビみたいに
なっているのかもしれないけれど、
「忘れる」と強く思ってスイッチを消せば、忘れられるもんなんだよ。
でも、なぜか「忘れたくない」思いが働いて
何度も何度も再生しては中毒していくことってあるよね。
それを本当に心から思い切って「スイッチオフ」できるのは
AKARIさん自身しかいないから。
わざわざそんな話をした友人は、そんなことなどすっかり忘れて
今は会社で働いているだろうし
そんな話をしたレストランは今はほかの人たちでいっぱいだろうし。
もう、その話はAKARIさんの記憶の中にしかないんだから。

頭の中のビデオデッキを止めて、忘れよう。
だいたいもう関係ないじゃない。その男の人。
他人よりもずっと遠くにいる人でしょ。
自分を傷つける人をずっと心の中に飼っておくのはやめよう。
彼を愛することはとめないけれど(もしも、まだそんな思いがあるなら)
一緒に生きていく価値のある人ではないでしょ。
その人がどこかほかの場所でほかのだれかに言ったくだらないことで
AKARIさんが何度も何度も腹をたてたり傷つくのって、
とてもバカバカしいことでしょ ?

自分のことも許してあげて、それができたら
彼のことも許してあげて、手をはなせるといいね。

早く元気になることを心から祈っています。
きっと忘れられるから。
私だってねえ、忘れたいと思うことは何度もあったのよー。
がんばったかいがあって
今や思い出したくても思い出せない。
AKARIさんもきっとできる!











スポンサーサイト


No.101 / 日記 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

← ひどい・・・ / Home / 丈夫な胃袋 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.10.17(21:54) / / / [ Edit ]


あはは


アタシもさー、返事書いたら、ひろひろさんが行方不明になっていて驚いたところなのだった。
戻ってくれて良かった・・・。じゃないと、アル中イハラの妄想コメントみたいになっているところでした。

また、来てね。待ってます!
うれしかった!

2006.10.17(21:15) / URL / イハラ / [ Edit ]


何回も、、、


書き直し 書き直し 送信してたら
先生と テレコになってしまいました。。すみません…


まりつさん
きっと お元気になさってることと思いますが
私も 何処へ~~~!?
ってお聞きしたいです~~
(>_<;)エ-ン

2006.10.17(21:07) / URL / ひろひろ / [ Edit ]


ごぶさたしております…


井原先生、ごぶさたしてます
いつもここにきては 読み逃げですいません
ここにきては ふむふむうんうんって頷くことばかりで 井原先生パワー ほんとすごいなー って思ってます


akariさんへ
忘れること。。
先生のおっしゃる『スイッチ』 ほんとその通りですよね…
思い出したくない 思い出さなきゃいいんだ って心では重々わかってるのに
事あるごとにスイッチ入れてしまう習慣?、癖? 
に身体がなっちゃってるんだと思います
平気へ~き~ へっちゃらぁ~って なるまでは
時間もたくさんいるし それまで涙もたくさんたくさん流すと思うし

ちょっとずつでも 他のこと考えられるよう スイッチ切り替えられるよう
新しくお仕事なさるなり 
支えてくださってるご家族や お友達と過ごす時間等々で
少しずつだけでも傷は癒えていくんじゃないかなって 思います
私はそーでした
手探りで一歩ずつ歩いていくしかないんだなー って思ってます
歩き出せないときは 立ち止まって また涙して 
悔しい思いかみ締めてもいいと思います
その時間はとても辛いけど
先生が前からおっしゃってるように 
神経も鍛えれば鍛えるほど 頑強にできていくんだと思いますよ
えらそーに長々書いちゃってごめんなさい
akariさんが 心から笑える日 きっと来ると願ってます
2006.10.17(20:55) / URL / ひろひろ / [ Edit ]


おかえり!


おかえり!
ひろひろさーん。
そして、コメント、ありがとね。
トンネルから抜け出すと、「なんであんなところ迷っていたんだろ」って思うんだよね。
でもトンネルにいた時間は、「ここから一生抜け出せないかも」って怖かったよね。

AKARIさん、元気を出すのだよ。
トンネルから抜け出すと、本当にすべてが夢だったみたいに思えるから。

ひろひろさんも頑張ったのだね。
良かった、良かった。
これからもっと鍛えようね。

追伸

うちの元管理人「まりつさん」はどこへ行ったかご存知の方いらっしゃるかしら?
ブログになってから帰ってきてくださらないの。寂しい・・・。
2006.10.17(20:53) / URL / イハラ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
>