Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.07.20  ブリザード 真夏の東北へ! <<18:55


美容ジャーナリストの深澤亜希ちゃんのご手配で
暑さに悩む東北のみなさまに
ブリザードをお届けできることになりました\(^o^)/

深澤亜希ちゃんブログはこちら

そして、こちらが瞬間冷却スプレー
「サヴァンナ50 ブリザード」
サヴァンナ50

見ただけで涼しそ~でしょ~~
で、このスプレーが・・・・

岩手県立高田高校の運動部のみなさま(絶賛応援中)

勢力的に東北においしいものを届けていらっしゃる
藤巻一臣さまのご手配で
女川から石巻まで下ってくる部隊と
石巻の湊小、渡波小、石巻中学校、門脇中学校、街道小学校を周る部隊の
二台編成で。

それから
ロート製薬の震災復興支援室さまが
支援要請にソッコーで応えて
目薬や胃薬を届けてくださった
宮城県石巻市新山浜不動沢で自宅避難をしていらっしゃる約110人のみなさまに。

カリスマエステティシャンのHANAEちゃんが
宮城県東松島市宮戸地区 室浜地区センター(公民館)に。

乙部信吾さまのご手配で
陸前高田災害ボランティアセンターに


とあれこでお届けいただくことになりました。
どんどん支援のネットワークが広がって
とってもうれしいです

エアコンのない暑い夏の日が続きますが
被災地のみなさまが
このスプレーで過ごし易くなりますように。

ご協力くださっているみなさまに
心から御礼を申し上げます。

これで政府がもう少し頼りになったらねえいいのにねえ。はあ~(小さい声で)

No.574 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.15  牡鹿半島からの手紙 <<07:41


炊き出しボランティアグループから
支援の手があまり届いていない牡鹿半島の
石巻市新山浜の不足物資について連絡が来ました。
その話を受けて、ロート製薬の震災復興支援室の河崎さんが
翌日すぐに車を走らせ、
薬などを届けに行ってくださいました。
河崎さんは復興支援のため、とうとう宮城県にお引っ越しをされ
毎日支援活動のために走り回っていらっしゃいます。
牡鹿半島の旅からお帰りになった河崎さんから
いただいたお手紙です。
暑い朝に、爽やかな高原の風のようなお便りです。


井原さま

 昨日、牡鹿半島 阿部様に 支援物資をお届けいたしました。
 石巻から半島を回っていきましたが、道が荒れてなかなか緊張感のあるドライブを楽しみました。

 物資は仙台事務所に在庫のあったものですが、ご要望の商品以外に
 感染症を防ぐための 殺菌ハンドソープ、綺麗になってもらうためのフェースマスクなども 
 お届けいたしました。

 このフェースマスクで「綺麗になってや!!」の言葉に大笑いされていました。
 肝っ玉母さんみたいな 力のある目をされていました。
 
 阿部さんからは 私達の為に お魚や蛸をプレゼントしてくれました。
 単身赴任の私にはありがたい予想外のプレゼントでした。


 牡鹿半島は、不便な場所だけにボランティアの入りにくい場所です。
 女川原発も近く、いろんな意味で不安もおありでしょうが、
 村人の為に 一生懸命にお世話をされている気丈な方です。

 今回お届けできなかったものは、後日お送りする事をお約束して
 お別れいたしました。(クロネコと佐川急便は届きます)

 あの笑顔をみたら、車酔いしそうな でこぼこ道も
 苦にならないくらいの元気をもらいましたよ。

 実はこの日、カゴメ㈱の方お二人も一緒に同行したのですが、
 彼らもまた同じように元気のおすそ分けをいただいたと 喜んでくれました。

 
 その後、南三陸の志津川中学校に行きました。

 そこには カゴメさんがプレゼントした トマトの苗が生徒の人数分ありました。
 子供達が一人一人の名前を書いたプランターで育てています。

 小さな青いトマトの赤ちゃんが育っていました。
 
 子供達が毎日水をやり苗を育てるという行為が、彼らを癒しているようです。
 
 平時なら何気ないトマトの小さな実がついている姿が、なにか愛らしく、
 いとおしく感じましたが、この感覚が震災が私達にプレゼントしくれている
 大事な人間としての感情なんだと思いました。

 おかげで、素敵な一日になりました。

 ありがとうございました。

ロート製薬株式会社 震災復興支援室 室長  河崎保徳


No.573 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.07.01  東北からいただいたうれしいお便り <<20:00


弊社では SMILE SUPPORT SCHOLARSHIPという
活動を始め、被災した学生への支援活動をしています。
プラス、子どもたちのために一生懸命働いている東北の女性たちへ
女性としての支援をしたいと思うようになりました。
それには、「心がうきうきする」化粧品を贈ってキレイになってもらうこと!と思い
それ以来、いろいろな方にご協力をいただきました。
ようやくラインナップ全部が揃ったので
第一弾を先週、応援しているいくつかの施設に
送らせていただきました。

お送りした先のひとつ
岩手県の学校から
こんなうれしいメールをいただきましたので
ご紹介させていただきます。
女性から女性への支援プロジェクトにご協力くださった
みなさま!ありがとうございました。
みなさまのおかげで、こんなに喜んでいただくことができました。
ぜひ、これからもまだしばらく大変な状況が続く東北への
支援を一緒に続けていきましょう。
どうぞよろしくお願いします。

「井原 さま

 お返事おそくなって申し訳ありません。確かにお受け取りいたしました。
女の先生方はとても喜んでおりました。
もしかしたら今までの支援物資の中で、
一番嬉しかったかもしれません。
XX高校は、10代から50代まで幅広い年齢層で、お化粧もあまりしなかったり、
きれいにしていたり、いろいろですが、いずれにしても、
女性として嬉しい贈り物でした。
届いたその日、すぐに、封筒に一式入れてもらったのですが、
(一番若い先生にお手伝いしてもらいました)、
みなさん封筒の中をのぞいてみてびっくりのようでした。井原さまとのやりとりのメールもコピーして袋の中に入れました。
なぜこのような贈り物が届いたか、
メールを読めば一番わかってもらえると思いましたので。
 それにしても高級品を本当にありがとうございました。
ちょっとリッチな気分を味わえました。
こうやってささやかな楽しみを感じたりして、
日常生活に戻れることが、私たちの今一番の喜びです。
先日の大きな地震の時は、1期末テスト4日目でしたが、
臨時休校となりました。私たちは出勤でした。
今日と明日は、生徒たちが楽しみにしていたクラスマッチ(体育祭)です。
絶好のお天気です。自衛隊が入っているので、
体育館は使えませんが、グラウンドを使って、リレーやドッジボール、
ミニサッカーなど、楽しんでいます。今も生徒たちの歓声が聞こえてきます。本当に楽しそうです。
 遠くからでも私たちのことを思ってくださる井原さまのような方がいることを、心より感謝いたします。
このたびは本当にありがとうございました。女子教職員を代表して、お礼申し上げます」

ご協力・ご支援くださいました
ロレアルパリさま
美容ジャーナリストの加藤智一さま
それから匿名希望で
たくさんの化粧品を送ってくださった
S様
そして、新しい化粧品を個々に届けてくださった
素晴らしい友人のみなみなさま
重ねてありがとうございました。
(みなさまのお名前も、先方にお届けする化粧品と共に
 お知らせさせていただきました。)











No.572 / 社会貢献 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
>