Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.05.21  どうやってつきあっていけばいいのだろう <<20:44


今年の春先、盆栽をいただいた。
高さ30センチほどの見事な紅梅であった。
花の盛りのときにいただき
「ボンちゃん」と名前までつけ
なにくれとなく世話をしながら
2ヶ月ほどたったとき。
枯れた様子が魅力の盆栽が
枝を伸ばし
緑の葉をつけ
プリティーな観葉植物になってしまったのである。
ダーリンに
「これはもはや盆栽ではない。
 ミキは日本人のくせに盆栽の育て方も知らないのか」
と非難され、
「ど、どうしよう」とオロオロしたが
緑は繁りゆくばかり。
こんな鬱蒼とした紅梅はあるまい、というほど
育ってしまった。

その後、盆栽の本を読んだりして
研究を重ね
枝を切ったり
水をやったりしているが
どうも盆栽風の体裁に戻らない。
もはや、この人(人じゃないけど)と
どうやってつきあっていったらいいかわからなくなってしまった。
心が通じ合わないというか。
好きなんだけど、
青々としてくれていい感じなんだけど
こういうことじゃないわよねえ、みたいな。

なんでもすくすく育ててしまう私の緑の指が仇となるとは・・・。
(正確には、なんでもすくすく野放図に育ててしまう、である)

こんなにもわかりあえないのに、別れることもできない。
母の家にもっていって庭に植えてしまおうかなあ。
盆栽に「将来、どうしたいのだ」と聞くことさえできれば
どうとでもしてあげるのだが・・・。
子供も盆栽もなかなか
思うようにならないのぅ。

オール読み物、今日発売です。
P405 を開くと
そこにはお財布の中を爽やかに秋風が吹き抜けるような
「大散財」というタイトルのエッセイが。
芸人は笑ってもらってナンボのもんですし。
笑っていただければ。









No.277 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.13  小さい頃のぐずでのろまな私 <<23:56


もっとも多くの日本人を殺してきた食べ物は「もち」だそうですね。
いかにも親しげな感じで私たちの身近にある「もち」
油断はできませんね。
くれぐれも、よく噛んで食べましょう。

母の日に母と食事をしていたら
小さい時のことを突然思い出した。
私は小さい頃、ぐずでのろまだったので、
よく母に叱られていた。
「本当にぐずなんだからっ。きーっ」
と若かった母は、しょっちゅう私にヒステリーを起こしていた。
「早くしなさい」
「早く決めなさい」
と耳にたこができるほど言われ
私は生きていくことにすっかり怯えていた。
生きるって選択の連続でしょ。
辛かったなあ。
これとあれのどっちがいいの?と聞かれても
わからないの。
で心の中でパニックを起こしたりして。
さらに極端な恥ずかしがり屋で、人前に出るのが苦手だった。
小学校1年のときに学級委員に選ばれたのは
「人前で普通に話せるようになるための練習」
と担任の先生に言われたからだった、

・・・なあ、なんてことをつらつらと他人事のように
不思議な感じで思い出したのである。

今の私は「ぐず」や「のろま」で「恥ずかしがり屋」というよりも
「せっかち」で「行動的」で「どこに行っても社交的」
と言われる。
しかし、人の性質なんて変わらないものだから
そういうフリをしているんだろうなあ。
肩が凝るはずだなあ。
あの頃の私はどこへ行ったのだろう?
出てきてもいいよ、と言ってあげたい。
でも、忙しいからなあ、出てこられても困るかもなあ。



No.276 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.10  私は歌いたい、大不良債権 <<21:24


もしも、かみさまがなにかひとつ望みを叶えてあげようと
夢枕に立ったら
「歌を上手に歌えるようにしてください」
と頼みたい。
お腹の底から晴れ晴れと朗々と歌いたい。
あ、あと「見かけがとんでもなく美しいこと」も忘れないでね、神様。
見かけは大事だ。
私はきれいなものが好きなのだ。
美しい顔で一日歌って過ごせたら、とうっとりと夢想する。
(忙しいと見果てぬ夢を見てうっとりする時間が長くなる)

*業務連絡
今月22日発売のオール読み物に
「大散財」
というタイトルのエッセイを寄稿。
短いので立ち読みしてください。
内容は
私が何年にもわたって
巨額の資金を投入している
世にも恐ろしいハイリスク・ノーリターンの投資の話。
詳しくは本誌を。

No.275 / 日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.10  手塚治虫文化賞新生賞を受賞 <<11:39


私が、ではありません。

朝日新聞


受賞されたのは、
お友達の島田虎之助先生。
みなさーん「トロイメライ」読んでね。

シマトラ先生は、
kie ちゃんの旦那様でもあります。

いつか、先生の作品が映画になるときは
絶対にエキストラで出してもらう予定。
もう役も決めてあるんだ。

シマトラ先生、おめでとーーーー!!!
お祝いしようねーーー!
ところで、朝日新聞に掲載されているこの写真、
手塚治虫先生を思い起こさせる風貌に写っていますけれど
コスプレですか、シマトラ先生?


No.274 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.08  貞操力 <<18:54


今日届いた友人からメールに
「あなたには貞操力がある」
とあった。

なんだかおかしい。

東京は初夏。
朝歩いても、夕方歩いても、深夜歩いても
気持ちがいい。
かたつむりの匂い(青葉の香りともいう)を
胸一杯に吸い込んで
どこまでも歩きたくなる。
5月っていいね。

気候がバカンス仕様なので
沖縄に行ってタコを獲ったり
佐賀に行って変った魚に囲まれながら潮干狩りをしたい。
イカ釣りもいい。
タコを獲ったり、イカを釣ったり、
潮干狩りをするのが好きな友人がいなくて残念だ。
温泉へ行って美食三昧しようよ、と言えば
たちどころに百人は集まるだろうに(うそ)。


No.273 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.05  ゴールデンウィークつれづれ <<22:27


日本人学生がひとりしかいない学校で頑張っている娘。
中国人とラトビア人の友達ができたという。
「何語でしゃべっているの?」
と聞いたら
「英語みたいな言葉」
という。
なんか、すごいでしょ。
なんとかなるのね。

パスポートの残存期限が足りなくて
どこにも行けないことが判明した私は(なんと成田で判明した)
GWは日本で仕事をしながらダーリンと過ごしている。
ダーリンはもはや私を女性として扱わず
ペットに買っているお猿さんか犬みたいに思っている。
私が女性に見えない理由は、ーあまり考えられないがー
たぶん目が悪いせいだろう(ということにしている)。
一日に何度もおへそや脇腹をくすぐるので
大変腹がたつ。
書こうと思っていたことを忘れてしまうこともよくある。
しかし、くすぐられると反射的にわははとか
ひひひとか笑ってしまうので
私が喜んでいると思っている。

勘違いがたくさんあるけれど
GWももう終わりだし、
また彼はどこかへ行ってしまうのだし
私も忙しいことだしで、
まあいいか。








No.272 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
>