Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.04.25  ゴールデンウィークなんてキライだ <<21:35


さっき、通販の罠の顛末を書いていたら、また消えてしまった。
うたかた日記。
あの話は2度書くほど楽しくないので違う話。

ゴールデンウィーク前後に、取材旅行があるのに
出張してくれるライターが見つからない。
入稿する仕事もいっぱいあって
ゴールデンウィークさえなければ、
もっと楽に仕事ができたものを。
ゴールデンウィークを発明したのはだれだ?
私は、通販会社の責任者とゴールデンウィークの責任者に会いたい。

ばたばたと仕事をしているところへ、
マンチェスターにいたはずのダーリンから電話。
なんと今はシンガポールで乗り換えのバス、じゃなくて
飛行機を待っているところだという。
「ねえ、キミ、明日バンコックへおいでよ」
「ステキな提案、ありがとう。でも、仕事が山ほどあるからムリだわ。
 上海に行く用事もあるのよ」
「だれかほかの人に行ってもらいなよ」
「でも、それでは仕事が・・・」
「じゃあさあ、僕が10万円あげるから、バンコックへおいでよ。
 ホーチミンでもいいよ」

いやー、10万円もらってもなあ。
困った。

よく考えると「うふふ」と笑いたくなる楽しい提案なんだけど。

そんな会話を3回くらい繰り返しているが、全然ラチがあかない。
王様は家臣の言うことなんて聞かないからなあ。

さあ、今日も残りの仕事をしないと。
毎夜、寝る時間が3時より早いことはない春の終わり。
5月5日にはゆっくり寝る予定。楽しみ♪


No.271 / 日記 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.23  人格者への道 <<09:14


息子がお風呂にどばどばとハイターを入れていたので
「それは美白のつもりか?」
と聞いたところ、ハッとして
「あ、いけねえ。お風呂洗いの洗剤と間違えた」
と言う。

息子よ、今度の受験では
「間違い」にはくれぐれも気をつけて欲しい。
そういうところが敗因ではないのか?

イギリスにいる娘は体調不良で
保健室で2日も寝ているという。
3回電話したら、3度目は
「もう大丈夫!」と
元気に言うのでホッとする。

家族をもち
さらに仕事をし、
多くの人に関わって生きていくと
さまざまな制約に縛られ
情に育まれ
人格が陶冶されていく(場合もある)。
少なくとも忍耐強くはなる(と思う)。

しかしなあ。
忍耐強いってろくなことないもんなあ。
そう、思いませんか、みなさん?

「なにもかもが心配で
 なにも手につかない」
という言い訳が通るならば
私は、今日の飛行機でイギリスに行って
娘を抱っこしたい。

息子も娘も頑張って欲しい。
忍耐強い人間なんてちっともいいと思っていないのに
結果的に、忍耐強くなることを子供たちに強いている私。
私は、いったい、なにをしているんだろうなあ。






No.270 / 日記 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.20  昔のコイバナに関する考察 <<22:20


昔の友達に会ったら、昔の話のオンパレードだった。
過去の記憶がほとんどない私には勝ち目のない戦いである
(戦いじゃなくておしゃべりか)
昔のことを無理やり思い出すという時間の中で私はある真実に気がついた。

過去にうまくいかなかった恋愛を振り返ったときには、
「ああ、あの時だめになって良かった」
と、心から喜びをおぼえ、
しばらくうまくいっていた恋愛を振り返ったときには
「ああ、なんであんなのと・・・」
と口惜しがる。
つまり、すべて「しなければ良かった恋愛」ばっかりであったことに気がついたのである。
(しなければ良かった結婚も含む)
その時間をすべて数学の研究に使うべきだった。
そしたら立派な数学者になっていただろうに。

この発見をすぐに浪人中の息子に伝えなければならぬ。
恋愛をしそうになっても、恋なんてどうせ後で後悔するだけだから
その時間を勉強のために有効に使った方がいいわよ、と。
恋愛には後悔が伴うけれど、勉強して後悔することはないし。
(後悔するほど勉強する人がいないせいかもしれない)

うまくいかない恋愛中のみなさん、
きっと後で(来年か20年後かわかりませんが)
「うまくいかなくて良かった。セーフ!」
と胸を撫で下ろすこと間違いありません。
あたくしが100%保証します。
なので、とっとと諦めるなり、肩の力を抜くなりして、
あまり執着しないことです。
うまく言っている恋愛中のみなさんについては
今が楽しければそれで結構。
そんなときのあなたを止められないことは100も承知。
でも、いつか、あるとき
その時間を数学の研究に費やすと、数学が苦手な人でも
数学者になれるくらいムダな恋愛に
膨大な時間を使っていることに気がつくことでしょう。
もったいないというか、なんというか。

おまえ、今まで書いてきたことと全然違うことを言っているじゃないか、と
ご指摘のみなさまがいらっしゃることは重々承知の上で、
「今日の気持ちはそんな感じ」
なのである。



No.269 / 日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.16  本名のブログはすごいのか? <<23:46


前回の日記に秘密コメントをくれたのは
なんと大学時代、同じサークルにいた「ばねちゃん」。
「いや、本名でブログを書いているなんてすごいね。
 おかげで見つけたけどさ」
ブログどころか、本まで出しました。

注:
今後エッセイを書こうと思っている人は、
一番めのエッセイからペンネームを使いましょう。
途中では変われません。

で、そのコメントがきっかけで
久しぶりに先輩たちも誘って、
みんなで会うことになった。
なんと大学卒業以来初めて!
えーと、何年になるかしら? 
(怖くて数えられない。10年くらいにしとこー)

「そば屋で飲むんだからドレスはやめろよ」
というメールをいただき
(はて、大学時代にあたしはドレスなどを着ていたのかしら?)
と首をかしげる。
したかもしれぬなあ。
大学時代の私はとにかく退屈していたのである。
というか、小さい頃からすぐになんでも退屈しては
限界になると、
なにか変わったことをパーッとしたくなったものだった。

さて、今度の週末、わたしに会う予定のみなさま。
くれぐれも「老けた格好」で現れないように。
白髪は染め、出腹はひっこめ、若作りをして
お財布には現金をぎっしり詰めてくること。
いっぱい飲んで、いっぱい食べるからね、あたしは。
女の子は払わなくていいんだよねー、ばねちゃん!?)

あたしはあ・・・・
あ、大学時代のコスプレで行こうかしら!

これを読んだ幹事のあなた、
場所をこっそり変えないように!




No.268 / 日記 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.07  4月になっても <<23:49


このブログ引っ越しが遅れています。
それはともかく。

私は忘れっぽい。
なので喧嘩のときに非常に不利だ。
 
たとえば、だれかが
「あんた、こんなことした(言った)じゃない」
と言ったとする。
(え、そんなことしたっけ?)
と私は内心とまどい、
「え、だとしたら、ごめんね」
などとへたれに言ってしまうのである。
そして、数時間後
「あれは、こうだったから、ああだった(言った)んじゃない。
 そもそも、あの人だって、こんなひどいことしたじゃないの」
なーんて思い出しては、地団駄を踏むのである。

でもね、そのときには思い出せないの。
で、あとで、悔しくなるの。

思い出せないし、
楽天的だし、で
いいような、悪いような。
ま、いいんだろうな。
だってさー、人を呪わば穴二つだもの。
あたし、呪ったりしないから穴ゼロだぞ。

しかしなあ、呪いの手帳ってのもつけるかなあ。
いざというときのために。
そして、いつか言うのだ。
「あんただって、2008年4月6日午前11時12分に
 こんなこと言ったじゃない」って。
そして、相手がぎゃふんと言うほど
とっちめてやるのだ。
あたしが、いつもやられているように。

なんで、みんな、そんなに記憶力がいいのだ?
私にはわからん。
過去なぞ忘れて、未来に思いを馳せようぞ、民よ。
そして、過去のことでぐじぐじ言うのはやめよう。
未来にもぐじぐじ言うネタはきっといっぱいあるから
そのときそのとき
旬のネタで言い争ったりしようではないか。

じゃないと、あたし、負けがこむし。
旬のネタなら、覚えていると思うの、
たぶん、ねえ。
でも、早くしてね。
あたし、精神的に鮨屋だから、古いネタは握らないわよっ。



No.267 / 日記 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
>