Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.29  迷走日記 <<22:03


みなさーん、コメントやメールありがとー!
とっても励まされたよーーーー!
お礼に近況報告。


最後のブログを書いてから、ふたりの偉大な女性と出会いがあり
私は自分の人生を深く考え直していた。
ふたりとも難しい病気と闘っていながら、とても明るくて、前向きで、
そのうえ同じ病気と戦う人たちのために
元気になるブログを書いている。
私は心底感動すると同時に深く反省したのである。
「身体が健康だっていうだけで幸せなことなのに
 お金がないとか、恋愛とかで悩むなんて
 なんて私は小さい人間なんだーーーーーー!
 しかもブログにまつわるささやかなトラブルでぐずぐず言うなんて小さすぎる・・・
 私はなんてつまらないちっぽけな人間なんだーーーーーー」と。
反省を込めてひたすら蟄居を続けながら、
だれとも話すこともなく、
自分は小さい小さい小さいと激しく自分を責め続けて10日くらいたったころ
イラストレーターの木綿子さんから電話。
思わず真情を吐露する。
「木綿子さん、聞いてくださいよーー。
 世の中には生きるか死ぬかという問題に直面しながら
 立派に生きている人がたくさんいるっていうのに
 私は、愛だの恋だのブログだのといったくだらない小さいことで
 くよくよしてしていたんです。
 エラソーなことばかり書いているのに、まったく人として成長していません。
 なんで私はこんなにつまらない人間なのでしょうか」
以下、斉藤木綿子氏からのコメント。
「いやさあ、あなた大体エッセイとか書いてるんだしさあ。
 失恋したり、離婚したりして、なんとも思わなかったら、
 そっちの方がヘンだってわかっているでしょ。
 そういうことがあっても、
 なにも感じなかったら、それこそ人間としてだめじゃない。
 それに、だれもなんにも感じなかったら文学なんて生まれないでしょう。
 たいていの物語は
 好きとか嫌いとかくっつくとか別れるっていう話なんだから」
と淡々諭され、はっと目が覚めた。
たしかに小さい人間かもしれないけれど、
小さいことで落ち込んでもいいのかもしれないって。
だったらそんなに自分を責めることもないかも、と気がついたのである。
もめんこさん、ありがとー!
私は絶望のどん底から脱出できたよ、あの言葉で。
いや、あの日までは自分の小ささがイヤでイヤで大変辛かったです。
ブログだっていいじゃんねえ。好き放題でさ。
だれからなにを言われても。
あたしのなんだしさあ。
ああ、小さい・・・。小さすぎる・・・。

翌日、これから自分はどういう人になりたいのか考えるために本屋へ行った。
ファッション雑誌で言えば、どれかと思ってぱらぱらぱらぱら見てみる。
プレシャスでもないし、マリソルでもないし、ストーリーでもなければ、VERY でもないしなあ。和楽も違えば、GINZAとかELLEとかシュプールも違うし。
婦人画報でもないし。
ああ、私はどこ?
結局、しっくり来たのは「今日の料理」だけ。
私が目指しているのは栗原はるみか?

それやこれやで自分探しの旅、迷走中。
しかし、私は毎夜最後に神様に感謝するようにしている。
今あるものをありがたいと思う気持ちを忘れぬように。
わがままで欲張りだからな、私は。

そんな日々の中、中森じゅあん先生に
「先生、あたし、自分を見つめ直すために春になったら蛾眉山へ行ってきます」
と言ったら、
「そんなところへ行かなくとも蛾眉山はあなたの心の中にあるのですよ」
と穏やかに諭された。
はっと目の覚める思いだった。
・・・ああ・・結局私はただの旅好きってことなんですね。
人生の先輩諸氏、ありがとうございます。
うっかりものの私をいつもいいタイミングで的確に導いてくださって。
私は果報者です。
ありがとうございます。

休止だと宣言したにもかかわらず毎日ブログに来てくださっているみなさま。
ありがとー。
感謝の気持ちをこめて近況報告です。そして
あなたの明日がいい日でありますように心から祈ってます。
さあ、このブログに手をかざして私のパワーを感じてください。
(だれかに見られるとあまりにも怪しいから、ひとりのときにね






No.254 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.16  『デカくて悪いか!!』 いじりめぐみ <<23:59


おかしいから、みなさんにもおすそわけ。
リンクサイトにも紹介してある作者の彼女のブログ。

http://www.gofeisty.com/
トップページのblog からすすんでね。(リンク、貼り直しました)

どんどん読んでいくと
ハローウィーンの仮装にたどり着く。
その写真を見たとたん
私は15分間ノンストップで笑いっぱなし。
笑いの合間に息子を呼び
一緒に見て、さらに笑う。
脇腹痛くなる。

いじりめぐみ、あっぱれ。
宣伝せずにはいられない・・・。

笑うと健康にいいから。さ。

No.253 / 日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.12  ブログ立ち往生 <<13:32


ホームページを閉め、ブログを閉めたら
それはそれでみなさんの心配を誘ってしまうようなので
リニューアルせずに再び公開することに・・・。

しかしなあ。

私にはこのブログをどうしたらいいかさっぱりわからないのである。
インターネットとブログサイトの調子が悪いこともあるけれど・・・。

前回も書いたように
最初は、私の本の読者と
不特定の女性たちに向けて
「人生はいろいろあったし、
 今も、これからもあるけれど大丈夫」
ということを長いスパンで伝えたかったのだが・・・。
最近では
なにを書いても
家族や友人の直接的な反応が返ってくる。
家族や友人を心配させたり
同情を乞うために書いているのではないので
それは困るのだ。

モノを書く職業の人間として
公開ブログを書くというのは
プロとして書いているつもりなのだ。
本の続き、みたいな感じだな。
しかし、
ただやたらと身近な人間が騒ぐばかりの結果となり
いろいろな人に迷惑もかかるようだし、
もはや
真実も書きづらいし
かといって
面白い作り話も書けないし、で
立ち往生状態なのである。

電話をして個人的な悩みを相談することと
ブログで書くことの意味が
混沌とないまぜになっている今、
私は一度休み、考えたい。
しかし、突然閉めるのではなく
私は考えたい、とここに書いて公開しておくことにした。

GREEは退会し
MIXIも退会しようと思う。
私は、どちらでもまったくソーシャルしていないし
レジスターしていただけだったのに
悪いことを書けば
リンクしている人たちに
心配をかけたり
同情を誘うことになることに気がついたのである。
あまりに互いに身近すぎるのだ。

こうなったら
中国の蛾眉山にでも行って
しばらくものを考えようと思う。

みなさま
まだ読みたい、と思ってくださる方は
ときどきのぞきに来てください。
あるいは、メルアドを管理人宛にいただければ
再開のお知らせを出します。
仕事のニュースは
できるだけ載せるようにします。

では
離婚で悩んだり
辛い恋に悩んだり
シングルマザーの生活を頑張っている読者のみなさま
ブログは書かなくても
みなさまの幸せは
いつも祈っています。
きっと大丈夫だからね!
ブログを共有できなくても
一緒に頑張りましょ。

では、しばらくさようなら!


No.252 / 日記 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.08  正しい相談相手 <<23:38


落ち込んだときに頼れる相談相手を探すのは結構難しい。
この年になると、
たいていの女友達は修羅をめいっぱい踏んでいるから
同情はあまり期待できない。
(たいていの出来事は、よくあることよ、になるのだ。
 で、それは本当にそうなのだ)
的確に状況を分析されて、役に立つアドバイスはもらえることも多々あるのだが
(今、あたしが欲しいのは、これじゃない)ような気がすることもある。

相手によってはさらに落ち込む結果になったりもする。
相手の貴重な時間を自分のために使ってもらっているのだから
申し訳ないとも思い、
感謝もしつつも、(シマッタ!これでは底なし沼に行ってしまう)
後悔したりしてややこしい。

で、私は今どんな相手からどんなことを欲しているのか?
私にぞっこんのステキな男性からちやほやされるのが
一番の薬だなと見当をつける。
いないのが悔やまれる。
周囲の男性たちよ、君たちの目は節穴か?

ブログというのもややこしい。
内容によっては
単に家族や友人を心配されるだけの結果になったりする。

当初、不特定多数の女性に
「いろいろあっても大丈夫」
という内容のブログを書こうと思って始めたが、
最近、全然目的を達成してない上に
ブログには言論の自由がないという気がする。
あるというか、ないというか。
もうブログはやめて
やはりプロとしてのみ本や雑誌限定で書くべきなのだろうか?
それともブログの意味をだれかに聞いた方がいいのか?

これでいいのかアタシ?
これからどうしたものか?
と考えても、いい知恵が浮かばないので
ドンペリ開けて飲んじゃおうっと。











No.251 / 日記 / Comment*7 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.08  調子が悪い・・・ <<17:30


このブログ。
誤字脱字を直して、再度保存しようとするたびに
ログイン画面が出てきて
過去ログが消えてしまうこと
何十回。

たぶん四次元空間当たりに
消滅したブログが
ふわふわと浮いているんだろうなあ。

あまりに調子が悪いのでブログサイトの引っ越しを検討中。
妹のリカは「それはインターネットの接続環境のせい」
と言うのだけれど・・・。
プロバイダーも変えようかな。

コンピュータの調子もいまいち。
ああ、今度こそこまめにバックアップをとろう。
それが今年の目標だ!

No.250 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.06  受験の費用 <<16:37


昨日、母と娘と友人のちえこちゃんと一緒に
新国立劇場の『ニューイヤーオペラパレス ガラ』を鑑賞。
バレエもオペラも楽しくて
あっという間の2時間半だった。
バレエは安定した踊り手ばかりで、久しぶりに
日本での舞台を安心して見ることができた。

さて。
ちえこちゃんには、
息子と同じ年で
東大の理Ⅰを目指している大変できの良い娘がいる。
賢いだけではなく人柄も良いので、
将来の嫁候補である。
「美紀ちゃん願書見た? 
 受験費用だけで
 30万円くらいかかるのねえ」
「ええええええ!(10万円くらいかしらと思っていた)」
「それでね、もしも受けた大学に次々と受かった場合
 捨て入学金だけで100万以上かかるのよ。
 だってね、その大学に行かなかったら戻ってこないの!
 うまくできているわよー。
 第一希望の学校は絶対に最後の最後に発表があるんだもの」
さらに進学する大学には授業料も払わないといけないし
大学に入るまでに免許をとったり
大学用の洋服を買ったりと考えると
ものすごくお金がかかるのねえ、と今になって気がつく。
受験が終わったら息子を奉公に出そうかなあ。

しかし。
そっかー。たくさん受かったら100万円かかって
一個も受からなかったら0円か。
しかし、息子よ、母はお金を払う方を選ぶ。
こんなに心からお金を払ってみたいと思ったことは人生に一度もないぞ。

「え、また受かったの?(ああ・・また入学金に30万円)」
受験生の親心は合格発表のたびにもだえるのだな。

ちえこちゃんは栄養学の権威でもある。
「健脳食ナンバーワンはご飯だから試験の日はとにかくご飯よ。
 肉は消化するのにいろいろな栄養素が必要だから
 エネルギーを消化にとられちゃうの。
 野菜の煮物と玄米ご飯のお弁当でビクトリーよ!」

その話を息子にしたところ
「ママ。お弁当のふたを開けて、
 玄米ご飯と野菜の煮付けしか入っていなかったら
 士気に影響すると思う。
 僕はやっぱり肉! 
 あ、メンチカツがいい。
 メンチ切って勝つんだ」
と言っていた。
彼がなにを言っているか、よくわからなかったけれど
メンチカツをお弁当に入れて欲しいことだけはわかった。
・・・朝からメンチカツかあ。
夜のうちに作っておこうかなあ。

受験親子の苦闘をよそに
ダーリンはバンコックで休日を満喫中。
そのままシンガポールへ行って、それからイギリスへ行くそうだ。
体調が悪いと言っていたけれど、遊ぶ元気はあるのね。
独り身の気楽さがうらやましいような・・・。

あたしだってこっから逃げ出して
受験にかかるお金を自分に投資したいところである。
(バーゲンセールにもそそられている)
でもまあ、そういうわけにもいかないので
せっせと家で仕事をし、来る合格発表に備えよ。




No.249 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.01  新年あけましておめでとうございます <<10:15


新年あけましておめでとうございます。

東京は晴れた良い日を迎えました。
2008年がみなさまにとって素晴らしい年になりますように
心からの祈りをこのブログにこめて。

井原美紀

No.248 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
>