Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.06.27  キ娘とコ娘 <<18:12


私の携帯電話は
派手好きギャルでも、ひとめ見たとたん
はあっと平伏するくらいスワロフスキー満載の
超ゴージャス仕様。

今日の打ち合わせのあと
その電話を取り出したところ、
クライアントがびっくりしたように見つめるので
「おほほほ、こんな小娘のような電話で・・」
と小声ではじらってみたら
「は?生娘?」
「いや、そうじゃなくて、小娘」
「いやイハラさん、
 生娘というのはいくらなんでも(図々しい=クライアント心の声)」
「いや、生娘ではなく小娘。
 さらにアタシのことではなく、この携帯が
 小娘のようでお恥ずかしいと・・」
「ははは、ああ、携帯のことか。
 でも若い人みたいでいいじゃない」
「ほっとけー」
とは言わず(クライアントですし)
ホホホホホホホと笑ってやり過ごす。

夏にはラメ入りボディクリーム塗って
娘と遊びに出かけるんじゃい。
ムリメではなく
無邪気なのね、と暖かい目で見て欲しい。

上手に年がとれない女なんだな、アタシは、きっと。
わはは(笑って終わり)。

追記

昨日の夜、母(74)と西麻布の和食屋さん「和楽惣」(おいしいのよ)に行ったところ
空調の聞いた室内で刺身を食べているというのに、
母の首からだらだら汗が吹き出てくる。
「どうしたの?」と聞くと
「更年期障害かなあっと思っているの」
という。
母(74)にして更年期障害
その娘(4x)歳だけど気持ちはギャルで小娘。
血、だな。







No.188 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.26  ゲーリー・クィン氏と会うー妄想のテレビ出演 <<17:26


昨日はハリウッドセレブたちから
「困ったときはゲーリー・クィン」として頼りにされている
直観ライフコーチ、スピリチュアルティーチャーである
ゲーリー・クィン氏の通訳として働いた。

ハリウッドセレブが顧客に多いと聞いて(ビリーとも知り合いだった)
やっぱりセレブな方なのかしら?と思っていたら
驚くほど気さくで明るくて楽しい方だった。
さらに面白くて魅力的!
ときどき女性たちからストーキングされる、と聞いて
笑いながらも納得。
アメリカ以外にも、イギリス、ドイツ、スペイン、
メキシコ、スイスなどで本が出版され
テレビやラジオにも頻繫に出演している有名人でありながら
なんと来日するやすぐに東京の本屋さんへ直行し
日本語がまったく話せないのに、店員さんに自己紹介して
自著『魂の至福に出会うための10のステップ』(翻訳 井原美紀)の
コーナーを作ってもらった、とうれしそうに写真を見せてくれた。
ほかの有名人とはひとあじ違う、驚くべき行動力と気さくな性格・・。
なんと8月に再来日されるそうなので、
イベント情報などはお知らせします。

さて。
あるテレビ番組制作会社から電話あり。
「旅のレポーターとして井原さんを起用する企画がありますが
 会議に提出させていただいてもよろしいでしょうか」
「よろしーでーす!」
ほほほほ。神様におねがいしたとおりだわ。
神様、この企画が通りますようにさらにお助けください。
そしてやがてシリーズとなり
井原美紀は21世紀の兼高かおる、と言われるの・・(うっとり)
21世紀の兼高かおる、と言えば、アタシ以外にないもの(うっとり)

ベストセラー作家になって
オプラ・ウィンフリーショーに出演している自分を毎朝想像しなさい、
とゲーリーさんから指導を受けたので
それも毎日やらないと。
子供の塾代どうしよう、なんて小さいこと考えている場合じゃないわ。

大物のスピリチュアルカウンセラーがバックに何人もついているなんて
なんてラッキーな私。
神様、ありがとう!
みなさん、ありがとう!
明日のTVスター井原美紀をよろしくお願いします(うっとり)。







No.187 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.24  ユナイテッド航空 <<19:31


私のビリーが日本であばれまくっていると言うのに
シンガポールに3日滞在。今日帰国。
往復のユナイテッド航空の機内が寒かったよー!
だれもかれもが毛布を体にぐるぐる巻きに
していた。

寒い!さしみじゃないんだから
もっとあたたかい環境で運んで欲しいぞ。

ちなみに、出発時にもっとも寒いのは
ヴァージン・アトランティック。
しかも、ここの航空会社、吐く息が白くなるほど機内を冷やすのに
離陸のときに毛布をつかってはいけないという決まり。
なので拷問のように寒いことが多い。
それに比べればマシだったけれど。
外人とは体感温度が違うのよね。

今回のホテルはコンラッド。
ホテル内にあるスパの
マッサージが大変上手だったのでおすすめ。
(ひどい肩こりの人はアリシアさんを指名してね)
プールは朝にも夕方にも日がささないし、
朝はチャイニーズのブッフェの匂いがするけれど
空いているのでこっちもおすすめ。

明日は、来日中のゲーリー・クィン氏の通訳へ。
ハリウッドセレブを魅了した魅惑のサイキックカウンセラーに
会うのが楽しみ!
では、これから下準備の勉強します。



No.186 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.20  もしも怖れることがなかったら・・・ <<14:20


ソニアのライブイベントのメールが来た。
「もしも、怖れがなかったら、私は・・・・したい!」
という心の願いを見つけるワークショップ。
開催地はシカゴ。

日本で行われたワークショップでも2人一組になって
「もしも怖れることがなければ、私は・・・・がしたい」
と心に秘めた願いを自由に表現する練習があった。

その日以来、自問自答しているのだが・・・。
答がわからない。
私が心の奥に秘めている願望はなんだ?
いくら考えてもわからないので妹のリカに聞いてみる。

「ねえ、アタシ、なにかをおそれるあまり、
 やっていない夢とか願望とかあるかしら?」
(そんなこと自分に聞けよ、とお思いでしょうが、
 うっかりしているといけないので念のため)

 答。
「いや、どちらかと言えば、もっと怖がったり、考えたり
 計画したりしてからなんかやったほうがいいんじゃないの。
 もういい歳なんだからさー」

やっぱ、そっか。そうかなーって思っていたんだー。わはは。
って、笑ってすましていいのか?

ダーリンは相変わらずどこかに出張中。
電話がかかってくると
「ハロー!僕のチビのコメディアン、元気かい?」
と挨拶される。私はチビでもコメディアンでもないけれど
「元気です」と答える。
「ハロービューティ」とか「ハローセクシー」とか
呼ばれたい。(明白な願望)





No.185 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.17  今日は父の日 <<08:02


今日は父の日。

父が亡くなってから
なにか心配事があるたび
「パパ、これ大丈夫かな?」
と心の中で父に聞く。
「おう、大丈夫だ」
と言ってくれる(私の想像だけだとしても)とホッとする。

パパ、ご存じのことと思いますが
私たちはみんな元気に楽しく生活しています。
ママも元気。

生きていたときのように
私たちを(とくにママを)
見守っていてください。
今日、みんなで一緒にご飯でも食べに行けるといいんだけどね。

まあ、また、いつか、どこかで。







No.184 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.15  企画会議で熱弁をふるう <<11:18


某出版社にて翻訳したい本のプレゼンをした。
ひき続きスピリチュアル系、セルフヘルプ系中心。
なぜか?

以前離婚したときに、日本のカウンセラーたちに
「こどもがいるのに離婚なんて。
 男なんて浮気するものよ。黙って我慢していれば
 家庭に戻るもの。こどものために我慢しなさい」
と言われ続けた。カウンセリングをうけるたびに落ち込み
(違う、これじゃない)
と思った私は、ぴょーんとアメリカに飛んでソニアに会い、ほかにも10人くらいの
カウンセラーに会い
「離婚は悲しいことだけれど、単にこの相手と果すべきカルマが終わっ たということ。
 自分の本当にしたい道へ戻りなさい」
言葉は違えど、だいだいこのような主旨で励まされ
(これよ、これ、欲しかったのはこれ)
と思ったのが、アメリカのカウンセリング事情に対して興味をもった
きっかけだった。
精神科医、サイキック、西洋占星術とカウンセリングをする人たちが使う手段は違っていても、
「自分の本当にしたいことを見つけるべし。
 許せない一線と自尊心を守り、堂々と明るく生きていくべし」
という方向性は一緒だった。
国の風土と時代性みたいなものなんだよね、きっと。

さらにさまざまな人に会い、さまざまな本を読むうちに、さらに励まされ
「こういう人たちとこの人たちの書いた本を日本に紹介しよう。
 きっと私と同じように苦しんでいる人たちの
 助けになるに違いない」
と思いついた。
たぶん、目にはメラメラと炎が浮かんでいたに違いない。
現代の女性が、自分らしくのびのびと楽しく生きるための哲学。
親や社会から押し付けられる古い価値観に
押しつぶされそうになっている人たちに
新しい希望に満ちた価値観をいっぱい紹介したいと思ったのである。

男の浮気、離婚、失恋に悩む人たちだけではない。
最近、気に入っているのは、「成功する法則」的な本である。
アメリカらしく「お金だって望めばザクザク入る。
望みを全部叶えよう」という「なにもかもぜーんぶキミのもの」
という気前のいい考え方が気に入っている。

「リッチになる本ねえ。お金があっても病気になったらねえ。
やはり健康が大事だと思うけれど」
「身の丈にあった幸せが大切では。あまり欲張りな望みをもつと
 ろくなことがないような」
と編集者。

「いや、どれかひとつに絞るのではなく、お金持ちになって
 健康で、素晴しい家族がいて、好きなことを好きなだけできる人生を
 望んでもいいんだよという本なんです。
 どれか一個だけ、ではなく、どれも全部手に入れた未来を
 のびのびと想像してもいいんだよ、という思想を
 紹介したいんです」
単に未来を夢想するのに、ケチる必要があろうか?

「健康でちゃんとご飯を食べることができれば充分幸せ」
という人たちに
「もっと野望をもて」
と強制したいわけではない。
人の幸せの形は人の数だけあるのだから、それはそれでいいのだ。
それ以外の、
「なんだか納得いかない」
という人たちに、
「これならどう?」
と別の選択肢を届けたいだけなのである。

なので、これからもどんどん紹介していこうと思います。
自分でも書かないと。
さあ、行くぞ、みなの衆。
新しい時代へと。
エイエイオー!










No.183 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.12  ゲーリー・クイン氏「魂の至福に出会うための10のステップ」できました <<17:43


20070612173714.jpg


スピリチュアル・ゾーン
魂の至福に出会うための10のステップ
できました。
主婦と生活社から6月22日発売です。

ハリウッドセレブを魅了した
スピリチュアルカウンセラー
ゲーリー・クイン氏の本です。
なんと彼も今月来日の予定。

なぜ、最近、どの本もピンクなのか・・・。
それは聞かないで・・。

今年の初め、この本を一生懸命訳した結果
人としてとても成長しました(と思います)。
ダーリンとも喧嘩しなくなり
なにより怒らなくなりました。

心の平和を取り戻し、あなたを穏やかで良い人にしてくれる本です。

来週末、本屋さんにぶらぶら散歩に行って
ぜひ手にとってみてください。
江原さんの本とも、ソニアの本とも
表紙は似ていますが、
中身は違いまっせ。



No.182 / 日記 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.12  快楽と罪悪感 <<14:48


ダーリンは一週間に3回ジムに行かないと
気分が悪くなる。どれほど疲れていても
ジムで3マイル以上走らないと身体に悪いし、
ぶくぶく太ると恐れている。
食事に対しては非常に興味深い葛藤を抱えている。
とくにマクドナルドには
複雑な思いがあるらしい。
食べたい、けれど、食べたら毒だし、みたいな感じ。

先週、ダーリンは思い切って
自分にマクドナルドをおごることに決めたらしい。
ゴミ箱に、マクドナルドの紙袋があったので
「やっとマクドナルドを食べる決心がついたのね」
と聞くと、
「そうなんだけど」
と浮かない顔つき。
なんでも、ビックマックとチーズバーガーと
フライドポテトとコーラ、という子供の頃の夢の饗宴みたいな
組み合わせで食べたら
すっかり胃がもたれたらしい。
それに「こんなに食べてしまった」という
罪悪感に責めさいなまれている様子である。
そして
「明日はジムへ行って4マイル以上走らないと。
 マックをこんなに食べたんだから」
とうわごとのように言っている。

身体に悪いと思い込んでいるものを食べて
食べながら罪悪感に責められ
食べ終わったあとも罪悪感を抱き
さらにワークアウトへの強迫神経症になるとは
恐るべし健康志向。っつうか
罪悪感と一緒にモノを食べたら身体に悪いって。

もうあと10年はマクドナルドなんて
食べないぞ、と言っている。
11年後には食べたいのかな。
縁を切りたいのに、切れない
愛憎半ばする関係なんだな。きっと。

「ああ、こんないけないものを僕はむさぼっている」
と、甘い禁断の果実を味わうように
高カロリー食をエクスタシーと共に楽しんだらどうか、と
提案しようと思う。











No.181 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.08  とれたて天然 <<20:15


リカへ

初夏のベトナムで楽しく過ごしていますか?
さぞかし暑いことでしょうね。

今朝、ママからこんな電話がありました。
「もしもし」
「あ、ママ?」
「あ、私だけど、もう出かけた?」
(おかーさん、あなたがかけているのウチの家の電話なんですけど)
としばしボーッとしていたら
「あ、出かけているわけないわよね。
 これあんたの家の電話だもんね。ははは、じゃあ、また!」
がちゃん。と切れた。

さて、これはどういう電話だったのでしょう?

リカへ。
普通なら「おかあさん、とうとう・・・」
と思うところですが、
ご存知のようにうちのママは天然ですから
これでも普通の範疇だと思おうとしています。

でもこのメールを読んで
「それは普通ではない。とうとう越えてしまった」
と思うようでしたら、メールください。

ねーちゃんより



No.180 / 日記 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.06  常識をもてと大人は言った <<22:06


ちょっとフィリップKディックの小説のタイトルみたいでしょ。
ふふふ。
でも中身は違うの。

数週間前のこと、
ドルチェ&ガッバーナのスカートを直しに出した。
優雅な東洋風の刺繍が施されたスケスケの表生地と
黒い裏生地の2重構造のタイトなロングスカートだったが
あまりにタイトすぎて満足に歩けなかったのだ。
(ファッショナブルでいることは辛い)
「大股で歩けるようにスリットをあと15センチ深くして」
と発注したところ
一週間後に、なぜか2重になっている下のスカート部分だけ
超ミニになって帰ってきたのである。

キャー超ミニでスケスケ。
エロカワイイ! と思うはずもなく・・・。

「なによ、これ?」
「あれ? すみません!連絡ミスがあったみたいです。
 似たような生地で下のスカートを作りますから
 ちょっとお待ちください」
「でもね、これはドルチェ&ガッバーナのスカートなのよ」
「ご心配なく。タグを新しいスカートにつけてかえておきますから」
(それは違うだろー!)
 と内心思ったもの、もめるのは面倒臭いので
「じゃあ、とにかく、早く作ってきて」
と依頼。
そして、今日、なんとか出来上がって参りました。
3800円の請求書と共に・・・。
「ねえ・・・、この請求書、なに?」
「だから、お直しの」
「失敗したお直しのお金をアタシが払うの?なんで?
 アタシの大事なスカートを超ミニにしたのはだれ?」
「あのお客さんが払ってくれないと、自分が払うことになります」
「アホかー(これは言わなかった)ねえ、この修理会社が
 修理代金を請求してきたら、そんなの払えるかーって一喝してきなさ ーい。
 元のスカートはこの修理代金の25倍以上したものなの。
 そのスカートを
 その会社がちょんぎったときも弁償をしろとも言わず、
 代りにこの安い生地でが作った
 D&Gとは全然関係ない無印スカートを黙って受け取ったよね。
 そこまでがアタシの精一杯の譲歩。
 なんで お客のスカートを無断でばっさりちょんぎった
 修理屋にお金を払わないといけないんだー?」
  怒らない、もめないのが今年の約束なので、
 顔はニコニコさせておいたが、ハラワタは煮えたぎっていた。

どこのどいつだーそんなアホーなことを言うのはー!!

小さい頃、大人たちはアタシたちに言ったじゃない。
「常識をもちなさい」って。
だから、すっかり大人は常識を備えているものと信じ込んでいたのに。
この世に常識のない大人が多いのはなぜだー?
大人の代表、いるなら、出てこい!
そして釈明しろ。なんで、これほどアンタたちには常識がないのだ。
今日のことだけじゃないよ。ほかにもいろいろと
腹に据えかねていることがあるぞー。

仏のイハラと呼ばれているアタクシですが、
久々にすがすがしいほど腹を立てたね。
いつもにこにこしているからってアタシをなめるんじゃないよ。
(心の叫び)

もう一度請求書をもってきたら、
菓子折りもっておとといこーいって怒ろうっと。
ものには限度ってものがあるからねえ。

で。
修理屋が直したスカート。ためしに履いてみた。
キツクてウエストがとまらなかった。
アタシをどこまでバカにしたら気がすむんだー!

それやこれやでめちゃくそ腹が立つ一日だった。
瞑想、瞑想。

さて、ここで問題です。
全然違うものになった
このスカート。
今でもD&Gのスカートといえるのでしょうか?

それとも私と町の小さな修理屋さん特製のオリジナル
コラボスカートに変わってしまったのでしょうか?






No.179 / 日記 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2007.06.01  今度はビリー隊長来日だ! <<00:10


ソニアが帰国したと思ったら、今度は
ビリーズ・ブートキャンプの
ビリー・フランクス隊長来日。
ああ、気ぜわしい。
大物続きだわー。

みなさーん、ビリー隊長が来ますよー!
むきむきですよー!
一緒にワークアウトしましょー!

ちなみに、あたしは相変わらず一週間に一回しかできない。
どんな具合かと言えば・・・

月曜日にビリーをやると
火曜日は筋肉痛で。
しゅらしゅらしゅらしゅらしゅらしゅららしゅらしゅらしゅらしゅらら!
水曜日も筋肉痛で
木曜日も筋肉痛だ。
しゅらしゅらしゅらしゅらしゅらしゅららしゅらしゅらしゅらしゅらら!
金曜日にようやく直り
土曜日はゆっくり過ごす。
しゅらしゅらしゅらしゅらしゅらしゅららしゅらしゅらしゅらしゅらら!
日曜日はなんにもせずに
ご飯を食べてはだらだら怠けるの。
しゅらしゅらしゅらしゅらしゅらしゅららしゅらしゅらしゅらしゅらら!

それがアタシのいっしゅうかーん。(えばって歌うほどのこともないか)
注:間に仕事はしてまっせ

今日もダーリンにお腹と二の腕をつままれて
「ビリーの成果が出てないのはどういうわけだ」
と詰め寄られた。理由は、
この歌を参考にして欲しい。
(日本語が読めないのが残念だな、ダーリン。
 いい歌なんだけどな)

小説すばる「月刊バツイチ」いよいよ来月で最終回。
全然先が読めない人生を書き続けてのべ8年。
最終回で将来は見えるのか。
しゅらしゅらしゅらしゅららー。










No.178 / 日記 / Comment*0 / TB*1 // PageTop▲

 Home 
>