Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.03.27  とうとう発熱で変人探し <<12:51


体調がイマイチ、だと思い続けて2週間。
とうとう発熱。

NYのホテルを調べていたら
「ゴージャス女王のリッチな私生活」
(だいたいこんなタイトル)
というブログにぶつかる。
ゴージャス女王かあ、と感心して中身をちょこっと見てみる。
六本木ヒルズ族で
遠距離恋愛のリッチな彼がいるらしい。
そして
クリスマスのプレゼントは
彼からシティバンクへの10万円の振込み・・・。

「あなた、それはリッチじゃなくて
 お下品と言うのが正しくてよ」
 と友達ならつっこむところだ。

やっぱりこの手の話をさせたら
叶恭子だね、と思う。
だって10億円だもんね。

私はドクター中松と叶恭子が好きなのだ。
どっちも明るい変人で面白いんだもん。
アタシもふたりに負けないような
とてつもないホラを吹きながら生きていこう。




No.154 / 日記 / Comment*6 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.22  春の夜、友よりメール <<07:57


「あなたが最近お書きになるものは
 少しお下品ですわ。
 お気をつけあそばせ」

 午前4時、友よりメール。
 敵も徹夜で仕事をしているらしい(敵じゃないけれど)

 お下品?
 そうでしょうか。

 春の夜の青い闇に向かってそっとため息をついてみる。

「だって仕方がないのですわ。
 私の心の中には
 高ゲタをはいたバンカラ大将が住んでいるのですもの」

 ・・・・。

「あら、ちょっと待って。バンカラ大将なんて
 語彙が古すぎですわ。
 これでは若い読者の方にはなにがなんだかわかりませんわ」

 文章を書いて生計をたてている身で
 語彙が古いのは致命的。
 明日、若い衆に
 クラブに連れていってもらって
 語彙をリフレッシュいたしましょう、と思う。
 でも夜中の2時に集合とか言われたら
 それまでなにをしていたらいいのかしら?
 
今日は久しぶりに渋谷でお買い物。
もうじきお誕生日を迎える娘が
109で服を買ってちょうだいというのだもの。
あまり混雑していませんように。




 




No.153 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.19  ブラックホール クチュン <<17:53


シャワーを出た息子に話しかけようと部屋に入っていったら
化粧水をコットンでパタパタ顔につけていた。
驚いて
「あ、あんたナニしてんの?」
と聞くと
「乾燥肌なんだよ」
とこともなげにいう。
長いこと生きてきたけれど
コットンで化粧水をパタパタつける男性を見たのは初めて。

母と娘は身体を洗う石鹸でがしがし顔を洗っているが
息子はブランドモノの洗顔石鹸を
ネットでよーく泡立ててからそっと包みこむように洗っている。

さらに、息子が娘の髪を見て
「お前、リンスの仕方がなっていないぞ
 髪につやがない」
とアドバイスをしていた。
彼の洗面所には10数種類のヘアワックスが色とりどりに並んでいる。

ブラックホールよ、
キミはなにをやっているのだ。

「ねえ、そんなことするより、ジムに行って
 ムキムキに筋肉をつけなさいよ」
と母、無理やり息子をジムに入れる。

ムキムキの男性がコットンでパタパタ
化粧水をつけているのはどんなもんかと思うけれど。
親と子、目指す方向性が全然違うことは明らかだ。
なんかなー、しみじみと違う生物なのね。
子供って。

おっともっとあった。息子、
「ママとマユミはくしゃみの仕方が
 ダメだね。
 その、ぶえーっくしょんっていうのやめて、
 かわいくクチュンってできないの?」
と説教をたれる。

うっせー、俺はこれでいいんだ。
そんなしみったれたくしゃみができるかー
とちゃぶ台を蹴飛ばしたいところだが
ちゃぶ台ないし。

なんだ、クチュンて。

いやがらせに鼻をほじりながら
ふんどし姿で歩いて
度肝を抜いてやりたいところだが
おやめなさいませ、お嬢様、とアタシの理性が言うので
ま、やめておこうかなっと。













No.152 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.18  子供たち食べる <<23:18


母がみんなに中華料理をご馳走してくれた。
「これとこれとこれとナントカチャーハンと
 ナントカ」
と息子が注文したあとで娘が
「これとこれとナントカチャーハン」
と言ったところで、ウエイターさんから
「お客様、それは全部みなさんで分け合って食べていただくくらい
量がありますが。とくにチャーハンはおひとつでよいのでは」
とマッタが入る。
しかし、息子
「全然大丈夫ですから、全部どんどん運んできてください。
 おばあちゃんとママも早く注文しなよ。
 僕、お腹すいているんだよ」
と催促する。
え、お前がみんなの分を頼んだんじゃないのかい。
で、無理やりもっと注文させられる。

広いテーブルに乗り切れないほどの料理を
むしゃむしゃ食べている息子を見てしみじみと思う。
「この人ってブラックホールなんだわ。
 塾代も食費もすごくかかっているのに
 成績が上がるわけでもなく
 太るわけでもなく
 背が伸びるわけでもないんだもの。
 すべてを飲み込むだけとは
 なんと不思議な・・・」

娘はまだ時差ボケ中。
食べて、眠って、食べて、眠って、その間に
ベッドの中で本や漫画を読んでいる。
これで本や漫画を読む部分がなければ人と言うよりも
猫に近い。

一方、ダーリンは、NY-サンフランシスコーサンディエゴと
一泊ずつしたあと、先ほどロンドンに到着したらしい。
「少し疲れたよ」
って、当たり前だ!
このまま世界をさらに横と縦に一周ずつ(一週間くらいで)
してから帰るらしい。
人間と言うよりもスーパーマンに近い。
元気で日本に帰ってきて欲しい。
ただし、いつどこから帰ってくるかは不明。

人間以外(ブラックホール、猫、スーパーマン)の生き物が集まる中で
唯一人間性を発揮しているアタシは相変わらず翻訳中。
もう少し。もう少し頑張ればゴールなのだ。






No.151 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.15  子供たち帰る <<09:23


子供たちイギリスより帰国。
また時差ボケで寝てばかりいるので
あまり顔をみていない。
ふたりとも一日ボケーッとしている。

遠くにいると素晴らしい子供たちよ
近くにいるとなぜこんなに怠け者なのだ?
働け、子供たちよ。

とりあえず娘には
「やってみよう」シリーズを提案。
昨日のやってみようシリーズ 1 は
『お夕飯を作ってみよう!』
テキストを作成して、
牛丼とおみおつけ、それにサラダ。
料理の手順もテーブルセッティングばっちり紹介。
とりかかってから一時間。
ちゃんとできました。

で。
4合炊いたご飯が
夕飯だけでなくなっていた。

ちなみに今朝はそれぞれ
ホットドック2本と
息子の創作による納豆トースト(表面が泡立っていた)
大量の果物を食べていた。

塾に行くとか、靴がないとか
服がないとか、友達が来るとかで
お財布の中身も
冷蔵庫の中身も
ざざーっと潮が引くようにキレイになくなっていく。
すがすがしい気持ちだ(と言っておこうっと)

No.150 / 日記 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.13  記念日 <<19:43


12日、ダーリンと記念日デート。

夕方、大きな薔薇の花束を抱えてダーリン帰宅。
「happy anniversary !!」
うれしー!

ディナーに連れていってくれたのは
銀座のフレンチ、ロオジェ。
ホステスさんとそのお客風のカップル(多かった)を
おもしろそーに見まわして
「これって日本独特の風景だよねー」
と言う。
そーねー。
銀座の高級レストランやおしゃれなバーに行くと
ホステスさんとお客さんカップルが多いよね。
リッチな男たちよ、なぜ自分の妻を連れてこないのだ??
妻とご飯食べている方がかっこいいぞー。

ま、それはともかく。

食事は、いつもながら楽しくて
あれこれと出てくるキュートな料理と
ワインを楽しみながら、しゃべって笑って。
来年はもっと楽しい記念日にしようね、と約束する。

時間の経つのは早いのぉ。
大事に大事に一日を生きていかないと。
このままだとあっという間に90歳になって
マチュピチュとか歩きながら
「最近ひざが痛くて歩くのが辛いわあ」
なんてことになっちゃいそうで怖い。

一日一日を大事に。
愛と信頼を旗印に生きていこう、と思う今日のアタシ。
(ちなみに・・・
 ヘンな宗教にかぶれているわけではありません。
 最近翻訳しているスピリチュアルな本が原因で
 心が浄化されたらしい。
 いい本だよー。できたら、早めにお知らせします!)

20070314165856.jpg



No.149 / 日記 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.07  素顔 <<14:15


朝、起き抜けに見る鏡は大キライ。
はれぼったい目にはれぼったい顔ヘンな眉毛(これは自分のせいだけど)。

化粧をすると驚くほど美しくなったような気がするけれど
実際のところどうなのだろうか?
果たして素顔と化粧の顔は
どれくらい違うのだろうか。

最近、ダーリンに素顔を見られることが増え
「素顔を見られて嫌われたらどーしよー」
とドキドキしていたのだが
ビックリして腰を抜かしたということもないので、実際のところ
あまり変わらないのかもしれない。
あるいは、自分では気づかないものすごい魅力が
素顔にあるのかもしれない。
気がつきたいなあ。

愛している相手の起きぬけの顔はかわいい。
はれぼったい目とくしゃくしゃの髪の毛。
あ、でも、これも相手によるな。
妹のリカになら(妹のことも愛しているけど)
「アンタ、さっさと顔洗って、化粧のひとつもしなさいよ」
って言うもんな。

「ダーリンってすごくハンサムだと思わない?」
と子供たちに聞くたび
「ママ、そりゃ恋は盲目ってやつだよ」
と言われるけど、そうなのかな。割り増して見えているのかな。
ほんじゃあ自分に恋をしたら、自分の顔もすごく美人に見えるかしら?

はっ、またもや時間をこんなくだらない思考に使ってしまった。
仕事しよ。

ところで、真澄のところで
管理人限定コメントをくださった方、
あなたのお名前は?








No.148 / 日記 / Comment*6 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.05  愛人より電話 <<17:26


と書くと不穏な感じだが、実は
友達のHちゃんからの電話だった。
彼女からはときどき電話がかかってきて
会うと、いつも
おいしいものをご馳走してくれる。

そのせいか、彼女から電話がかかってくると
なんとなくリッチな愛人から電話があったような気持ちになる。

今回は季節最後のふぐでもどうかな、と言うので
「なんだかリッチな愛人から誘われているみたい」
と言ったら、
「ふぉふぉふぉ、これくらいのことで良かったら」
と太っ腹な返事。
愛人という役割が案外気に入ったのかもしれない。
愛人のように気前がよい
なんでも話せる女友達。
ほんとに人に恵まれているアタシ。
神様、感謝しております。

土曜日は出産したばかりのMちゃんのお見舞いに。
ステキなママの元に生まれて良かったね。
この世界は面白いところだから思いっきり楽しんでね、
と声をかける。
一生懸命泣いているホカホカのベビーを抱っこしたら
うちにももう3人くらい欲しくなった。
神様、ここんところもどうかお願いします。






No.146 / 日記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.03.02  真澄 <<23:34


仕事で諏訪に行ったついでに
ダーリンと合流し、
作り酒屋『真澄』を見学。
真澄は、以前取材で訪れたことがあり、
そのときの素晴らしい思い出が忘れられなくて、
もう一般の見学はしていませんというところを特別に
案内していただく。

それほどムリをお願いしたのはなぜか?
なぜなら、絞りたての酒がむちゃくちゃおいしかったからだー!
もう一回飲みたかったの。どうしても!
今回も絞りたてを試飲させていただく。
カマからひしゃくですくってぐい飲みでぐいっ。
絞りたての日本酒は、シャンパンみたいにバブリーで
とってもおいしいの。
おいしくって、ぐい飲み2杯ほどいただく。

で、最後になって
「あれってアルコール20度くらいあって
2杯も飲むと日本人は倒れるんですよね」
と宮坂専務。
「アタシ、2杯いただきましたよねー」
「はい、お飲みになっていましたねー」

飲む前に止めて欲しい。そんな危険性があるなら・・・。
でも、止められても止められたかどうか。
だっておいしいんですもの。

あのまま瓶詰めにして製品にするには
まだまだ試行錯誤が必要なのだそうだ。
今のところ、あの味に一番近いのは
「あらばしり 絞りたて真澄」だそうです。
みなさま、ぜひ飲んでみてね。
http://www.masumi.co.jp/

地球上には
おいしいものがたくさんあってしあわせ。
あとどれくらい飲んだことのない
お酒がこの世にあるのかなあ?
ちなみに、アタクシが今まで回った町は
約88カ国1000都市(駆け足も含めてですけど)。
それでもまだ世界の半分も見ていないという事実。
世界は広いのぉ。
宇宙も全部見たいのに、
なかなか地球全地域見学もはかどらない。
できたら、地球全域の
地酒を飲んでみたいなあ。

ちなみに今でも忘れられない酒ベスト1は
ブータンの民家で飲んだ
ホームメイドドブロク。
バブリーな濁り酒でめちゃくちゃおいしかったです。
つまみが、まためちゃくちゃ堅い
米を炒って作ったスナックで
歯にはさまるのなんの。

もう一回行きたい国ベスト1もブータン。
もーダントツナンバー1.
道にね、牛の頭とかゴロンとか置いてあるし
屋根には、ひと冬分の唐辛子が干してあるし
人は日本の江戸時代の民族衣装みたいなの着て暮らしているし
おもしろいよ。
行ってみてね。ぜひ。

No.145 / 日記 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
>