Day dreamer
旅と美容のお話


最近の記事




プロフィール


井原美紀

Author:井原美紀
Tres International



最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




リンク



このブログをリンクに追加する

FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2013.05.17  SNS時代に求められるライティングスキル <<11:35


長い間「上手に発信」することがライターの使命でした。
いわゆるアウトバウンドマーケティングが主流だった時代です。

雑誌や広告で
「こんな素敵な服」「こんな美味しいもの」「こんなかっこいい車」
といったことを、上手に書くことができて、
それを読んだ読者に
「あ、これ絶対に欲しい。どうしても欲しい」
と思わせたら成功だったのです。
「発信」つまりPRもマーケティングも一方通行だった時代です。

そこへ、SNS時代の到来です。
最初は、
「Twitter って意味あるわけ?」 とか 
「FACE BOOKなんかすぐに廃れるよ」と言っていた企業も、
(これはちょっとうちもやった方がいいんじゃないか?)
と思うようになり、今やうちの主な仕事は、WEB-SITEのライティングだけではなく、企業のFACE BOOK のコンサルや原稿制作・監修となって参りました。

企業のホームページの原稿を制作する仕事の場合、雑誌や広告で活躍しているライターさんは、そのスキルを存分に発揮できます。
わかりやすい言葉で企業の理念や製品について書くという仕事ですから、物事の本質を理解でき、文章が上手で、締め切りを守れるライターさんは、ここで大活躍です。
では、そのライターさんたちが、そのままSNS のライターさんとしてお願いできるかといえば、そうでもありません。
「かっこよい文章を書きっぱなし」では、
うっかりすると(この人、ちょっと嫌なヤツ?)と思われかねないからです。

私の会社が求めているSNS時代のライター(ファシリテーターと呼んでいます)は、
文章が上手なだけではなく、穏やかで忍耐強く、
どんなリクエストにも上手に対応できる柔軟な‘コミュニケーター’です。
企業の担当と連携しながら、驚くようなことをコメントを投稿されても、
相手を怒らせず(自分も怒らず)、上手に話を誘導し、問題を解決しなければなりません。

ライターとコミュニケーターというのは、似ているようで、実はまったく違う性質のものです。
ですから、そのふたつの資質を併せ持っている人材はとても貴重です。

ウエッブサイトの方は、若くて機動力のあるライターさんをお願いしても、企業のSNSの顔を派遣するとなると、色々な経験をし、酸いも甘いも噛み分けた、心の温かい、人と会話をするのが好きなライターさんにお願いすることが多いのはそれが理由です。
最近では、SNS時代のライティングについてのセミナーも社内で行っております。
SNS向け最適な文字数、口調、画像の選び方、顧客対応、最新の仕様やソフトウエアについて学びます。

私の会社ほど、文章が上手でコミュニケーション能力が高いライターさんと
たくさん契約をしている編集プロダクションは、きっとないと思います。
どうもうちのウエッブサイトはぱっとしない、SNSをやれって言われたけどどうしたらいいかわからない、なんて場合は、ぜひご連絡ください。

また、もしも「文章が上手で、忍耐強く、コミュニケーション能力の高い」編集者・ライターさんがこのブログを読んでいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。
急速に変わりゆくこの時代に、編集者とライターは活躍の場がどんどん広がっています。
一緒に時代の最先端を走っていきましょう。

<余談>
私がデジタルの仕事を始めた15年前は、
ホームページなんて作る意味あるの?という時代でした。
たった15年前に、ホームページがない企業がたくさんあったなんて、みなさん信じられますか?
私は、そんな企業に
「すべての企業がホームページをもつ時代が来ます。ぜひ作りましょう!」
という営業をして、
「各家庭にコンピュータなんてないじゃないの。作っても効果ないよ」
なんて渋がる担当を説得していたものです。
今、SNS を始めるのに渋っている担当者に同じような営業をしているわけです。

No.613 / 仕事 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2013.01.30  TWITTER で磨かれる文章力。 <<16:01


2011 年は、
TWITTER を使ったマーケティングやPRのお仕事を
たくさんいただいた年でした。
(2012年になるとFACE BOOK のお仕事がぐんと増えました)

弊社でキャスティングをしたライターさんに
各企業の投稿記事を書いてもらっては、
確認後、一日に何度か投稿するという仕事です。

経験したライターさんたちが一様に言うのは
「TWITTER の仕事をしていると文章が上手くなりますよね」
ということ。

140文字というのは、雑誌の記事で言えばキャプション(写真についている説明の部分)程度。
とてもじっくりは語れる文字数ではありません。
書いては短くし、書いては短くし、という繰り返しの中で
文章がどんどん研ぎすまされていくわけです。
しかも、Time Line はどんどん流れていくので

企業の顔としての品格を保ちつつ

短く
面白く

書かなければ、だれも読んでくれません。
なので、TWITTER で成功するためには、
かなりの文章力を問われるのです。

一方で、なにがなんだかわからない時期に書いていた個人アカウントのTWITTER は
「その人の人となりを如実に表す」
ために、相手を知るのに、またとない良いツールでもありました。
そして、・・・・私のこともわかられていたことと思います
半年くらいやり取りをしていれば
だいたい相手がどんな人がわかります。
そこから広がったネットワークは私の財産となっています。

TWITTER 投稿を上手にかけるライターさんは
ほんとに少数。
貴重な人材です。

次回は、「FACE BOOK のファシリテーターに望まれる才能」について
書こうと思います。


No.607 / 仕事 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2013.01.29  形容詞の迷宮 <<13:50


トレスインターナショナルは、
企業のウエッブサイトを制作している会社と連携して
記事制作だけを請け負い、
文字原稿だけを入稿するという業務を
WINDOWS 95の時代からやっております。

当時、
「うちの会社にはホームページなんていらないよー。
だいたいコンピュータ持っている人だって少ないし」
なんておっしゃっていた企業が
たくさんいたんですよ。
時代は変わりましたね(笑)。

クライアントの業種によって、
さまざまなジャンルの専門家のライターさんを
アサインし
記事を書いていただき
うちで校正と編集作業をして納品。
ベテランのライターさんが多いので
「なんて、素晴らしい原稿なのっ♡」と
うっとりすることも多々あります。

とくに、「食」「ファッション」「美容」のライティングは
並大抵の苦労ではありません。

だってね、
「これ、おいしいっ♡」
「この服すてき」
「この化粧品すごい!」
ということを表すのに

1)ありふれた形容詞を使わずに
2)同じ形容詞を繰り返さずに
3)わけのわからない形容詞を使わずに

ありとあらゆる手を尽くして
新鮮な文章で簡潔に表現しないといけないのですから。

そんなわけで
ライターさんたちは、
ボキャブラリーを増やし
文章を磨き
日々精進しているわけです。


今日は、これから「食」にまつわる原稿をチェック。
上手な文章は、読んでいるだけで
「よだれがでて、
それが食べたくて食べたくていてもたってもいられなくなる」
そんな文章。
難しいことですが、頑張りましょーd

No.605 / 仕事 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2010.05.26  体がSの字に固まってしまった!そんなときは~ <<15:21


朝から、いろいろな人の原稿を読み続けて6時間。
変な態勢で読んでいたせいで
体が S の字に固まってしまった・・・。

休憩しょうと思って
TWITTER を開いたら
いしかわじゅん先生のTWEETがおかしくて
うっかり一時間もはまってしまう。

だめだ、こんなことではだめだ・・・・。
これじゃ、ゲームにはまって宿題をしない子供と同じじゃない。

心を入れ替えて
ヒップホップABS の5分間集中をやって
HEATH で整体をして

もう一度入稿作業に戻りましょうっと。

TWITTERをやっているみなさま
いしかわじゅん先生のネタはおもしろいですよ~!
特に今日獲れたての新鮮なネタには
はまりました。
探してみてね。

私がフォローしているのは
主に出版関係なので
明け方のTLが特に賑やか。
TWITTER 名は、そのまんま東、・・・なわけなくて
そのまんま iharamiki です。


No.499 / 仕事 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.03.03  燃料電池EXPO 始まりました@ 東京ビックサイト <<23:52


3月3日雛祭り

とはまったく関係なく今年も燃料電池EXPOが始まりました。
http://www.fcexpo.jp/
東京ガスさまのエネファームの仕事をさせていただいてから
毎年行っています。

12時20分からのプレゼンテーションは、大盛況。よ、よかった・・・。
セミナー会場いっぱいのお客様に来ていただきました。
質疑応答も大いに盛り上がり、PR担当としてはほっと一息でした。

未来を変える燃料電池エンジン。
5日まで続きます。


No.465 / 仕事 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
>